2018 / 06
≪ 2018 / 05 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2018 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





TrioMenottiBlog.jpg
TrioMenotti2Blog.jpg

ジャン・カルロ・メノッティ(1911.7.7~2007.2.1)は、
イタリア出身のアメリカ合衆国のオペラ作曲家・台本作家です。
彼の代表作『アマールと夜の訪問者』はアメリカでは
クリスマスオペラの定番となっています。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
info@kamakura-musica.com
まで

輸入楽譜・クラシック楽譜をお探しの際は、
輸入楽譜・クラシック譜の通販専門店「カマクラムジカ」にお任せください!

ピアノ譜/バイオリン譜/オーケストラ譜/オペラ・ヴォーカルスコアまで
<






KaskiLapsiBlog.jpg
KaskiLapsi2Blg.jpg

この曲の邦題を探していました。
カスキのOp.48-2で出てくる日本語は『古い時計台』。
しかし、このフィンランド語を調べるとどうしても古い時計台ではない様な気がします。
例えば『お母さんの膝の上』とか。
Lapsi Aitinsa Sylissa OP.48-2で調べて出てきたのがこの曲です。
確かに楽譜と一致します。
上記の『古い時計台』は全く別の曲でした。

それにしてもKaskiの情報が余りにも少なくて、
かわいそうだな~と思います。
フィンランドの出版社から送られて来たものは
この曲でOP.48-2となっていますが、
これが正しければ日本の出版社から出ているOp.48-2の
『古い時計台』って何だろう?
どちらが正しい作品番号なんだろう?
こんな事初めてです。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
info@kamakura-musica.com
まで

輸入楽譜・クラシック楽譜をお探しの際は、
輸入楽譜・クラシック譜の通販専門店「カマクラムジカ」にお任せください!

ピアノ譜/バイオリン譜/オーケストラ譜/オペラ・ヴォーカルスコアまで
<





Vladigerov36blog.jpgVladigerov362blog.jpg

このエピソード作品36は
第4番Improvisation
第5番Toccata
のみ楽譜になっています。
他の1,2,3番はその存在すらも全く不明です。

パンチョ・ヴラディゲロフ(1899.3.13~1978.9.8)は
チューリッヒ生まれのブルガリアの作曲家。
ブルガリアのソフィアで没。
ブルガリア作曲界の第二世代に属し、
ブルガリア現代音楽協会の設立にも名を連ねています。
アレクシス・ワイセンベルクの恩師としてよく知られています。
パンチョは双子で、弟のリューベンはヴァイオリニストです。

◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
info@kamakura-musica.com
まで

輸入楽譜・クラシック楽譜をお探しの際は、
輸入楽譜・クラシック譜の通販専門店「カマクラムジカ」にお任せください!

ピアノ譜/バイオリン譜/オーケストラ譜/オペラ・ヴォーカルスコアまで
<








Templetonblog.jpgTempleton2Blog.jpg

アレック・テンプルトンは1909(1910年という説も有る)生まれのイギリスのピアニスト、作曲家、アレンジャーです。
1935年にアメリカへ渡りジャズ、クラシック両面で大活躍をしました。
生まれながらの盲目でしたが絶対音感の持ち主だったそうです。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
info@kamakura-musica.com
まで

輸入楽譜・クラシック楽譜をお探しの際は、
輸入楽譜・クラシック譜の通販専門店「カマクラムジカ」にお任せください!

ピアノ譜/バイオリン譜/オーケストラ譜/オペラ・ヴォーカルスコアまで
<





流鏑馬の観衆 Photo by Yoshimi,G 流鏑馬の観衆を後からパチリ!




♪M,カジェラエフは1931年1月15日アゼルバイジャン生まれのロシアのピアニスト、指揮者です。
 子供の為の作品を多数書いています。
 このプレリュードは人気の作品です。

1~3番まではLazar Berman の演奏です。4~6番までは作曲者自身の演奏です。

KazhalyevPreludeBlog.jpgKazhalyevPrelude2Blog.jpg



◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
info@kamakura-musica.com
まで

輸入楽譜・クラシック楽譜をお探しの際は、
輸入楽譜・クラシック譜の通販専門店「カマクラムジカ」にお任せください!

ピアノ譜/バイオリン譜/オーケストラ譜/オペラ・ヴォーカルスコアまで
<


お名前:
メールアドレス:

門間サナヱが厳選する、マニアックな輸入楽譜の情報を無料でお届けさせていただきます。

hantanyannyan

Author:hantanyannyan
楽譜検索人。猫飼育人。映画鑑賞人。
なのでこのブログは、音楽、特に楽譜と猫と映画の事を記して行きます。これぞ!と思う楽譜はどうしても大声で叫んでお知らせしたくなります。音楽が映像と一体化した時の素晴らしさも是非聞いて欲しいのでこれも書かせていただきます。要するに私の好きなことだけ、書かせていただきます。陽気に明るく楽しく過すのが幸せになるコツです。これは猫に学びました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。