FC2ブログ
2020 / 09
≪ 2020 / 08 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - 2020 / 10 ≫

ダウドさんは全く一人で、楽譜を作ります。
そこで様々なことを考えながら楽譜のサイズも決めてゆくのだと思います。
楽譜をアメリカから送ってくるのにも、様々な包装で送ってきます。
あるときは釣竿の箱。ある時は家電製品の箱などです。
要するにリサイクルですね。
楽譜に合わせて箱を作った苦労がそこここに伺えます。
(それとも工作好き?)

このモーツアルト1台6手は変形です(29X37)。
特にこの楽譜の包装にご苦労をされたのでしょう。
このモーツアルトのサイズがすっかり普通サイズに
小さくなったことが有ります。

しかし楽譜全体から考えると、小さくて楽譜面が見にくくなり、
苦情が出たのでしょう。
次に頼んだ時は、また元のサイズに戻っていました。
こんなことも小さい出版社で融通が利くので出来ることですね。

アメリカの出版社とドイツの出版社。
考え方も行動もかなり違います。
ドイツではどんなに小さな出版社でも家電のダンボールで
楽譜は送って来ません。
しかしこの大らかさが嬉しい時もあります。

要するに楽譜を間違えずに、良い状態で期限内に入れば
何も他に要求することは無いのですから。

人気のモーツアルト:フィガロの結婚序曲(1台6手)は¥2,780.-です。

ご注文はinfo@kamakura-musica.comへどうぞ。




スポンサーサイト





この記事へコメントする














お名前:
メールアドレス:

門間サナヱが厳選する、マニアックな輸入楽譜の情報を無料でお届けさせていただきます。

hantanyannyan

Author:hantanyannyan
楽譜検索人。猫飼育人。映画鑑賞人。
なのでこのブログは、音楽、特に楽譜と猫と映画の事を記して行きます。これぞ!と思う楽譜はどうしても大声で叫んでお知らせしたくなります。音楽が映像と一体化した時の素晴らしさも是非聞いて欲しいのでこれも書かせていただきます。要するに私の好きなことだけ、書かせていただきます。陽気に明るく楽しく過すのが幸せになるコツです。これは猫に学びました。