FC2ブログ
2020 / 07
≪ 2020 / 06 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2020 / 08 ≫

ステーンハンマル
1871年生まれのスエーデンを代表するピアニストであり、
作曲家であり、指揮者でもある。
11歳でピアニストとしてデビュー。25歳で指揮者としてデビュー。
それ以来ほとんどの活動が指揮者としての活動だった。

初期はベートーヴェン、ワーグナー、ブルックナー、ブラームス等
ロマン派の影響を受けていたが、ニールセンやシベリウスの影響で
北欧風に目覚め、それ以降彼の音楽は民謡の旋法に従い
スカンジナビア風へと移行して行く。

この曲を聴いていると、なぜこんなに人気があるのかが分かる
様な気がします。
ロマンチックなのにベタベタしていない。
メロディーにぐんぐん惹きつけられる。


知る人ぞ知るという作曲家でしたが今ではかなり有名に
なって来ました。
楽譜のお問い合わせも随分増えてきました。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで
スポンサーサイト





この記事へコメントする














お名前:
メールアドレス:

門間サナヱが厳選する、マニアックな輸入楽譜の情報を無料でお届けさせていただきます。

hantanyannyan

Author:hantanyannyan
楽譜検索人。猫飼育人。映画鑑賞人。
なのでこのブログは、音楽、特に楽譜と猫と映画の事を記して行きます。これぞ!と思う楽譜はどうしても大声で叫んでお知らせしたくなります。音楽が映像と一体化した時の素晴らしさも是非聞いて欲しいのでこれも書かせていただきます。要するに私の好きなことだけ、書かせていただきます。陽気に明るく楽しく過すのが幸せになるコツです。これは猫に学びました。