2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




3月16日から18日までオーチャード・ホールで公演をしたシンディー・ローパー。
地震発生時は日本に向かう飛行機の中。
「私を迎えている日本に背を向けて帰るなんて考えられなかった」
「人間は脈や鼓動のあるリズムの生き物で、リズムに身を置くとき私達はものすごく自由になる。
音楽を必要とする人々がいる限り、私は歌い続ける」
楽屋ではそう語ったそうです。

この「タイム・アフター・タイム」の最後の歌詞
「あなたが倒れたら私が支える、待っている、いつだって」をうたい終わると
目頭を押さえていた、と。
当日ロビーにはシンディの希望で募金箱も置かれていたそうです。

日本のファンに、大きな元気と前向きな気持ちをプレゼントしてくれたシンディ。
有難う!
スポンサーサイト


この記事へコメントする














お名前:
メールアドレス:

門間サナヱが厳選する、マニアックな輸入楽譜の情報を無料でお届けさせていただきます。

hantanyannyan

Author:hantanyannyan
楽譜検索人。猫飼育人。映画鑑賞人。
なのでこのブログは、音楽、特に楽譜と猫と映画の事を記して行きます。これぞ!と思う楽譜はどうしても大声で叫んでお知らせしたくなります。音楽が映像と一体化した時の素晴らしさも是非聞いて欲しいのでこれも書かせていただきます。要するに私の好きなことだけ、書かせていただきます。陽気に明るく楽しく過すのが幸せになるコツです。これは猫に学びました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。