2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今でこそ洗練された衣装を見るようになったけれど
ちょっと前のコンサートでは
おっと~~!
と言うようなドレスで演奏する人も多かったですね。

モーツアルトを弾くのだから、
ショパンを弾くのだから、といって
みんながみんなベルサイユ風ドレスを着てこなくても良いのに・・・
大抵の人がそんなドレスを着れば安心
みたいなところが有りました。
まるでサラリーマンが背広を着ていれば安心みたいにネ。
しかしそれが演奏する曲目に合っているかというと
そんな事は無い。

バッハでもサティでも同じ様なドレス。
曲目を楽しみに出かけても舞台袖から出てくる奏者の
ドレスで聴く前からがっかりしてしまう事もありました。
これってほとんど演奏する曲目を深く研究していない、
演奏する曲目に愛情を注いでいない事だと思う。
もっと曲の持つ意味やイメージを大事にしてくださいよ~~~!
と言いたくなって来る。

そんなことを考えて
以前『音楽と衣装の良い関係』なんていうコンサートを
した事があります。
雑誌に取り上げられたら、興奮して電話をくれたおじさんが
いたっけ「これこそ私がずっと考えていた事ですよ!」と。

今ではコンサートにCDにと大活躍のIちゃんが
ういういしい高校生モデルとして演奏してくれたり、
超センスの良いピアニストのMさんが一つの衣装を
様々な着方で演奏してくれたり。
男性も素敵でしたよ。
見かけはモダンなモーニングスタイル、しかし
来ていてとても楽で演奏がしやすい衣装。

皆さんも、衣装に悩んだら是非カマクラムジカにご相談
下さいね。
センス、腕は太鼓判のデザイナーがご相談に応じます。


http://www.kamakura-musica.com
blog@kamakura-musica.com









スポンサーサイト


この記事へコメントする














お名前:
メールアドレス:

門間サナヱが厳選する、マニアックな輸入楽譜の情報を無料でお届けさせていただきます。

hantanyannyan

Author:hantanyannyan
楽譜検索人。猫飼育人。映画鑑賞人。
なのでこのブログは、音楽、特に楽譜と猫と映画の事を記して行きます。これぞ!と思う楽譜はどうしても大声で叫んでお知らせしたくなります。音楽が映像と一体化した時の素晴らしさも是非聞いて欲しいのでこれも書かせていただきます。要するに私の好きなことだけ、書かせていただきます。陽気に明るく楽しく過すのが幸せになるコツです。これは猫に学びました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。