2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

S鳥居   Photo by Yoshimi,G

トスカナ地方の古道具屋の店先に無残な姿で見捨てられていたオルガン。
と、ある時、神父様の目に留まり、引き取られることになりました。
そして、真っ青に塗られていたペンキが剥がされ、ふいごの革も張り替えられ、
折れ曲がったパイプが修理されると、再び明るい音色で歌い始めたのです。

イタリアで教会生活の一道具として作られた十八世紀様式小型オルガン。
生まれも育ちもはっきりしないこの楽器へ不思議なお導きと「ご縁」を
いただき、1996年夏、日本に譲り受けました。
しばらくの間、横浜で静かに過していたこのオルガンは、今年の春から
カトリック築地教会で再び、典礼の道具として用いていただいています。

オルガンの故郷イタリアの響き、そして、築地での新しい使命を祝う
「日本生まれ」のクリスマス曲の響きを、皆様方とご一緒に
楽しみたいと思います。
 宮本 とも子

蘇ったオルガン
Sorgan.jpg

オルガンの引越し
S引越し

この奇跡のようなお話はお客様の宮本先生から伺いました。
素敵なお話ですね~。
このオルガンの引越しも又一つの話題になりましたが、
数々の名画や楽器の運搬で有名なN社に依頼したそうです。
さすがプロ中のプロの仕事!それは見事だったそうです。

次回はこのオルガンでの演奏会のお知らせを致しましょう。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
info@kamakura-musica.com
まで

輸入楽譜・クラシック楽譜をお探しの際は、
輸入楽譜・クラシック譜の通販専門店「カマクラムジカ」にお任せください!

ピアノ譜/バイオリン譜/オーケストラ譜/オペラ・ヴォーカルスコアまで
幅広い在庫を揃えてお待ちしております!!
スポンサーサイト


この記事へコメントする














お名前:
メールアドレス:

門間サナヱが厳選する、マニアックな輸入楽譜の情報を無料でお届けさせていただきます。

hantanyannyan

Author:hantanyannyan
楽譜検索人。猫飼育人。映画鑑賞人。
なのでこのブログは、音楽、特に楽譜と猫と映画の事を記して行きます。これぞ!と思う楽譜はどうしても大声で叫んでお知らせしたくなります。音楽が映像と一体化した時の素晴らしさも是非聞いて欲しいのでこれも書かせていただきます。要するに私の好きなことだけ、書かせていただきます。陽気に明るく楽しく過すのが幸せになるコツです。これは猫に学びました。