2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

S.Currierの音楽はパリをはじめとして世界中の様々な都市で演奏されています。
アメリカではカーネギーホールや、ボストンのシンフォニーホール、ワシントン
のケネディセンターなどです。
有名な彼のバイオリン曲“アフターソング”はアンネーゾフィー・ムターに献呈
されました。

このScarlatti Cadences & Brainstormは他の5人の作曲家と共にクライバーン国
際コンクールのセミファイナル曲に選ばれました。なんと12人のセミファイナリ
スト中5人がこの曲を演奏したそうです。
Currierはグランド・プライズ・ウィナ
ーに選ばれました。

この曲はここで聴くことが出来ます。
    ↓
http://www.amazon.com/Twelfth-Cliburn-International-Piano-Competition/dp/B000B66OOO

ご注文、お問い合わせは

info@kamakura-musica.com
http://www.kamakura-musica.com
へどうぞ。
スポンサーサイト


この記事へコメントする














お名前:
メールアドレス:

門間サナヱが厳選する、マニアックな輸入楽譜の情報を無料でお届けさせていただきます。

hantanyannyan

Author:hantanyannyan
楽譜検索人。猫飼育人。映画鑑賞人。
なのでこのブログは、音楽、特に楽譜と猫と映画の事を記して行きます。これぞ!と思う楽譜はどうしても大声で叫んでお知らせしたくなります。音楽が映像と一体化した時の素晴らしさも是非聞いて欲しいのでこれも書かせていただきます。要するに私の好きなことだけ、書かせていただきます。陽気に明るく楽しく過すのが幸せになるコツです。これは猫に学びました。