2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

Sおしゃれなカラス
おしゃれなカラス    Photo by Yoshimi,G

毎日の様にムジカのそばへ飛んで来ては鳴いているカラス君です。
なんと胸のところがエプロンと言うかネックレスと言うか、白くなっています。
何度かトライして、やっとカメラに捉える事ができました。
Yoshimiさんの執念が実りましたネ。

さて、
只今ヨーロッパ旅行中のピアニストからメールが入りました。
行く先々で楽譜屋さんを覗いて見るのだけれど、
何処へ行っても納得の行く楽譜が見つからない。
挙句に酷いコピー譜まで堂々と売っている。
せっかくだから一曲ぐらいと、選んだ楽譜は前後がすっかり落ちてしまっていた。
(これはたまたまお店が並べてある商品ををチェックしなかったと言う事でしょうが)
「娘がスペインからカマクラムジカへ注文してくるのも納得だわ」と。

やはり日本人気質というのでしょうか?
日本では時に乱丁落丁等の見落とし位はありますが
コピー譜を堂々と売るなどという事は決してしないし
(これって犯罪です)
まして海外から「コピー厳禁!」と書いた楽譜を送ってくるのに。

楽譜の扱いやチェックは海外の出版社等を見ていると
日本は格段に良いと思います。

そして私が納得したのは
よく海外から注文が来ることに対してです。
例えばドイツからウイーンの楽譜の注文があったり、
イギリスからフランスの楽譜の注文があったりするのです。
お隣の国の楽譜なら当然直ぐに手に入ると思いますがそうではないらしいです。

以前日本へ演奏旅行に見えた(イギリス人だったかな?)ピアニストの方が
ムジカで喜んで輸入譜をどっさり買って下さり、
その上に海外からのお取り寄せまで頼まれた事が有ります。

楽譜って本場でも結構入手困難なものなのでしょうか。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで



  
スポンサーサイト


この記事へコメントする














お名前:
メールアドレス:

門間サナヱが厳選する、マニアックな輸入楽譜の情報を無料でお届けさせていただきます。

hantanyannyan

Author:hantanyannyan
楽譜検索人。猫飼育人。映画鑑賞人。
なのでこのブログは、音楽、特に楽譜と猫と映画の事を記して行きます。これぞ!と思う楽譜はどうしても大声で叫んでお知らせしたくなります。音楽が映像と一体化した時の素晴らしさも是非聞いて欲しいのでこれも書かせていただきます。要するに私の好きなことだけ、書かせていただきます。陽気に明るく楽しく過すのが幸せになるコツです。これは猫に学びました。