2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

フィニッシューは1946年生まれの作曲家であり
超絶技巧のピアニストです。

この曲は題名からは想像もつかない大変な楽譜です。
あるHPでは「複雑怪奇な作品を多く生み出しているが、
それらを自らの責任で演奏する事の出来る偉大なピアニスト」と
紹介されています。
そうか~曲を作ってもそれを弾けない作曲家って沢山いるのね。
確かシューベルトもバイオリンを弾けなかったので
彼のバイオリン曲はバイオリン弾きにはとても難しいと聞いた事がある。

さて、このイングリッシュ・カントリー・チューンは
素朴な題名のとおり、美しく穏やかな部分も沢山あるそうです。
ちょっと弾いてみたくなりませんか?

ご注文お問い合わせは info@kamakura-muscia.com へどうぞ。

M.フィニッシー:イングリッシュ・カントリー・チューン    \5,670.-
スポンサーサイト


この記事へコメントする














お名前:
メールアドレス:

門間サナヱが厳選する、マニアックな輸入楽譜の情報を無料でお届けさせていただきます。

hantanyannyan

Author:hantanyannyan
楽譜検索人。猫飼育人。映画鑑賞人。
なのでこのブログは、音楽、特に楽譜と猫と映画の事を記して行きます。これぞ!と思う楽譜はどうしても大声で叫んでお知らせしたくなります。音楽が映像と一体化した時の素晴らしさも是非聞いて欲しいのでこれも書かせていただきます。要するに私の好きなことだけ、書かせていただきます。陽気に明るく楽しく過すのが幸せになるコツです。これは猫に学びました。