FC2ブログ
2019 / 08
≪ 2019 / 07 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2019 / 09 ≫

逆さジョリ      まだ耳のある頃。左耳の先が爛れています。

ジョリちゃん、お誕生日おめでとう!

13年前のこの日、私はお弁当を忘れて、家に取りに戻りました。
真昼の日が照りつける暑い日でした。
道を歩いていたら雀のさえずりの中に“ピャッ”という別の声が聞こえました。
とっさに『ねこだ!』とキョロキョロ見渡すと路肩に子猫がうずくまっています。
交通量の多い県道ですので急いで保護しました。

顔は目やにでクシャクシャ、手のひらにすっぽり入ってしまう大きさでした。
その日ははからずも息子の誕生日。
プレゼントに悩みながら歩いていた私に神様からのプレゼントです。

家に帰ってチャイムを鳴らし、わざわざ玄関まで息子を呼びつけて
“お誕生日おめでとう!はいプレゼント”と子猫を渡しました。
『何なの!』と文句を言いながら出てきた息子は直ぐに獣医さんに連れて行くと(大歓迎ですね)支度を始めました。
実は2月ほど前に息子の可愛がっていた猫が突然不慮の事故で亡くなり、
彼は傷心の日々を送っていたのです。
亡くなった子は三毛。拾った子猫も三毛猫。
これは絶対に天国へ行ってしまった子が神様にお願いして戻って来たのだろうと言うのが私の思いです。

ジョリ子は来てすぐに先住猫シッポネンのおっぱいにむしゃぶりついて行きました。
心優しいシッポネンは出ないお乳をジョリ子にしゃぶらせ面倒を見てくれたのです。
その日からジョリ子は息子の膝でほぼ一日中過ごし、合間には先住猫達に可愛がられ
穏やかな良い子に育ちました。
優しく育てられたジョリ子ですから後から来た子にも
優しく、決して拒絶しません。
悪さもしないし、私にせっせとおもちゃを運んでくれる毎日です。
悪性腫瘍で方耳を失ったけれど本猫は全く気にせず今はすっかり元気です。
私の課題は『いかに長く元気で過ごさせてやるか』です。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
info@kamakura-musica.com
まで

輸入楽譜・クラシック楽譜をお探しの際は、
輸入楽譜・クラシック譜の通販専門店「カマクラムジカ」にお任せください!

ピアノ譜/バイオリン譜/オーケストラ譜/オペラ・ヴォーカルスコアまで
<

スポンサーサイト





この記事へコメントする














お名前:
メールアドレス:

門間サナヱが厳選する、マニアックな輸入楽譜の情報を無料でお届けさせていただきます。

hantanyannyan

Author:hantanyannyan
楽譜検索人。猫飼育人。映画鑑賞人。
なのでこのブログは、音楽、特に楽譜と猫と映画の事を記して行きます。これぞ!と思う楽譜はどうしても大声で叫んでお知らせしたくなります。音楽が映像と一体化した時の素晴らしさも是非聞いて欲しいのでこれも書かせていただきます。要するに私の好きなことだけ、書かせていただきます。陽気に明るく楽しく過すのが幸せになるコツです。これは猫に学びました。