FC2ブログ
2019 / 10
≪ 2019 / 09 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2019 / 11 ≫

ホロヴィッツ

ピアニストの友人と「初めて自分で選んだレコードは」 という話になりました。

私は今でもあのレコードのジャケットが
ぼんやりとですが思い出せます。
憧れの先生が弾いたシューマンの「謝肉祭」。
それが忘れられず親に頼んで買ってもらいました。
生まれて初めて自分で選んで買ってもらったレコード。

それからは時間さえあれば
何時までも聴いていたっけ。
何度も何度も何度も何度も。

ある時、そのピアニストがかの有名な
ホロヴィッツであることに気が付いた。
(誰が弾いているかは問題ではなかったらしい)
とにかくあのメロディが自分の周りにあればよかった。

現在シューマンは特に好きというわけでもないけれど
なくてはいられないなんて勿論ないけれど
「謝肉祭」だけは出だしから好きです。

因みに一緒に話していたピアニストが
親に頼んで買ってもらったレコードは
365歩のマーチ?で、
ピアノデュオの相手のピアニストが
初めて買ってもらったレコードが
前川きよしの演歌だったと聞いて
話が盛り上がりました。
スポンサーサイト





この記事へコメントする














お名前:
メールアドレス:

門間サナヱが厳選する、マニアックな輸入楽譜の情報を無料でお届けさせていただきます。

hantanyannyan

Author:hantanyannyan
楽譜検索人。猫飼育人。映画鑑賞人。
なのでこのブログは、音楽、特に楽譜と猫と映画の事を記して行きます。これぞ!と思う楽譜はどうしても大声で叫んでお知らせしたくなります。音楽が映像と一体化した時の素晴らしさも是非聞いて欲しいのでこれも書かせていただきます。要するに私の好きなことだけ、書かせていただきます。陽気に明るく楽しく過すのが幸せになるコツです。これは猫に学びました。