2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫



こちらはクレメルさんで。


Fantasia AppasshionataBlogFantasia Appasshionata2Blog

ヴュータンと言うと、楽譜屋を始めた頃の事を思い出します。
やっと探してフランスの出版社から輸入をしてみたら
ホロホロと崩れてしまいそうな日焼けした紙の表紙で、
勿論中の楽譜もすっかり日焼けして、経年劣化と言ったら良いのか、何と言ったら良いのか。
何度頼んでもその都度来る楽譜は全てその古いものだけ。

ヴュータンは既に忘れられた存在なのかと、泣くに泣けずに
どうしても必要と仰る方には説明をしてお渡ししました。

此処何年か、アメリカの出版社から出版されるようになり
本当にホッとしました。
多分内容はそっくりフランスのものを引き継いだと思います。
表紙も1,2度変わり、今では安心して取り寄せることが出来ます。

24,5年前にヴュータンはもう終わりかと嘆いていましたが
折角復活出来たので演奏する方が増えると良いな~と思います。
楽譜って結構演奏者がいないと抹殺されてしまう事が多いのです。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
info@kamakura-musica.com
まで

輸入楽譜・クラシック楽譜をお探しの際は、
輸入楽譜・クラシック譜の通販専門店「カマクラムジカ」にお任せください!

ピアノ譜/バイオリン譜/オーケストラ譜/オペラ・ヴォーカルスコアまで
スポンサーサイト


この記事へコメントする














お名前:
メールアドレス:

門間サナヱが厳選する、マニアックな輸入楽譜の情報を無料でお届けさせていただきます。

hantanyannyan

Author:hantanyannyan
楽譜検索人。猫飼育人。映画鑑賞人。
なのでこのブログは、音楽、特に楽譜と猫と映画の事を記して行きます。これぞ!と思う楽譜はどうしても大声で叫んでお知らせしたくなります。音楽が映像と一体化した時の素晴らしさも是非聞いて欲しいのでこれも書かせていただきます。要するに私の好きなことだけ、書かせていただきます。陽気に明るく楽しく過すのが幸せになるコツです。これは猫に学びました。