2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫


初演が1965年6月24日。ディートリッヒ・フィッシャー・ディスカウとアルバーニ・弦楽四重奏団のメンバーと
ブリテンのピアノでジュビリー・ホールで行われました。

Purcellblog.jpgPurcell2Blog.jpg

その時のプログラムにはこのように書かれています。
「50年前にパーセル・ソサエティのメンバーにより手書譜がSt.Michael's Collegeで発見されました。
しかしその手書き譜がパーセルによるものではなかったので、パーセルの作品だとの確信がなかった。
しかし彼らは「夜が紫色のヴェールを広げる時」を出版しました。
今日の歴史研究者はそれを確かにパーセルの作かどうかの確信は無いといい、
1,2人の人はパーセルの作に加えることを認めては居ません。
しかしながら曲は此処に有るのだし、歌われることを待っている。
我々はそれを聴くチャンスを歓迎しましょう。」


リアリゼーションはブリテンです。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
info@kamakura-musica.com
まで

輸入楽譜・クラシック楽譜をお探しの際は、
輸入楽譜・クラシック譜の通販専門店「カマクラムジカ」にお任せください!

ピアノ譜/バイオリン譜/オーケストラ譜/オペラ・ヴォーカルスコアまで

スポンサーサイト


この記事へコメントする














お名前:
メールアドレス:

門間サナヱが厳選する、マニアックな輸入楽譜の情報を無料でお届けさせていただきます。

hantanyannyan

Author:hantanyannyan
楽譜検索人。猫飼育人。映画鑑賞人。
なのでこのブログは、音楽、特に楽譜と猫と映画の事を記して行きます。これぞ!と思う楽譜はどうしても大声で叫んでお知らせしたくなります。音楽が映像と一体化した時の素晴らしさも是非聞いて欲しいのでこれも書かせていただきます。要するに私の好きなことだけ、書かせていただきます。陽気に明るく楽しく過すのが幸せになるコツです。これは猫に学びました。