2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

雨
八幡宮の蓮の葉に落ちた雨のしずく。(Photo by Yoshimi.G)

さて、映画《ラフマニノフ》を観ました。

映画ラフマニノフ

この映画で印象に残ったのは、リラの花の美しさ
彼にはやはりリラの花が一番似合うのでしょうか。

幼いラフマニノフがリラの花の中を歩いてゆくシーンは、
こんなに沢山のリラが咲いているところを
見た事のない私には圧巻でした。
この花は映画の中で象徴的に度々登場します。ストーリーは、母国を苦労して出てきたラフマニノフ、
アメリカで成功しながらも苦悩にさいなまれるラフマニノフ、
自分の気持ちに翻弄されるラフマニノフ。

芸術家の生涯と言うと大体こんなストーリー展開ですね。
それがどこまで観る側を魅了する作品に仕上げるかが、
作る側の腕にかかってくるのでしょう。

しかし音楽映画でいつも気になるのは
演奏シーン
演じている俳優さんが演奏していないのは百も承知だけれど
もう少し演奏しているらしく出来ないのかなぁ。
音楽と合わなかったり、
全く演奏していないのが見え見えだったり。

これは今も昔も同じですね。

それが気にならずに観られた映画は
《僕のピアノコンチェルト》
これはなんといっても本物のピアニスト
デオ・ゲオルギューが演じているので演奏シーンは
素晴らしいです
。余談ですが・・・・お勧め。



◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで
スポンサーサイト


この記事へコメントする














お名前:
メールアドレス:

門間サナヱが厳選する、マニアックな輸入楽譜の情報を無料でお届けさせていただきます。

hantanyannyan

Author:hantanyannyan
楽譜検索人。猫飼育人。映画鑑賞人。
なのでこのブログは、音楽、特に楽譜と猫と映画の事を記して行きます。これぞ!と思う楽譜はどうしても大声で叫んでお知らせしたくなります。音楽が映像と一体化した時の素晴らしさも是非聞いて欲しいのでこれも書かせていただきます。要するに私の好きなことだけ、書かせていただきます。陽気に明るく楽しく過すのが幸せになるコツです。これは猫に学びました。