FC2ブログ
2019 / 10
≪ 2019 / 09 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2019 / 11 ≫

サイモンとガーファンクルin東京ドーム

行ってきました、東京ドーム。
初体験です。

度々横は通っていたのに、実際に入ってみて
その大きさに驚きました。

こんな広いところを埋め尽くせるサイモンとガーファンクルって凄いな!
と言うのが先ずの感想。

実際に演奏が始まってみると
まあ一曲目のちょっとしたズレはお愛嬌として、
30年?40年?前と全く変わらない声と、
その頃の私が走馬灯のごとく蘇りちょっと感動。

ミセス・ロビンソンやスカボロー・フェアに至っては
もう皆さん大変。いい年をしたおじさま・おばさま方が
大騒ぎ。
という事はあの二人はもう既になつかしのメロディの
仲間入りをしていると言う事かな。
そんな事はどうでも良いや。
よい感じに年齢を重ねたサイモンとガーファンクルに
再び会えた事を素直に喜ぼう。
懐かしい自分に会えた事を心から喜ぼう。


バックのミュージシャンも素晴らしかった。
ギターを初めとしてドラムス、ベース、ピアノ、
キーボード、パーカッション、チェロも有ったな。
スカボロー・フェアのチェロはなかなか効いていた。

ケーナ、アコーディオン、どれも二人の演奏を盛り上げて、素晴らしかった。

時には身体を思いっきり揺すって、こんなリラックスした音楽を
楽しむのも良いものです。


それにしても演奏の間中、何処へ行くのか
沢山の人が通路をうろうろ歩いているのに驚かされた。
高いお金を払って来ているのに、
ホンの2時間くらい音楽に集中できないのかな~というのが
私の感想。野球見物と間違えているのかな~。



◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで








スポンサーサイト





この記事へコメントする














お名前:
メールアドレス:

門間サナヱが厳選する、マニアックな輸入楽譜の情報を無料でお届けさせていただきます。

hantanyannyan

Author:hantanyannyan
楽譜検索人。猫飼育人。映画鑑賞人。
なのでこのブログは、音楽、特に楽譜と猫と映画の事を記して行きます。これぞ!と思う楽譜はどうしても大声で叫んでお知らせしたくなります。音楽が映像と一体化した時の素晴らしさも是非聞いて欲しいのでこれも書かせていただきます。要するに私の好きなことだけ、書かせていただきます。陽気に明るく楽しく過すのが幸せになるコツです。これは猫に学びました。