2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫



Bishop2Blog.jpg

フルートのオブリガート付演奏がこちら。





ヘンリー・ビショップは「埴生の宿」で良く知られたイギリスの作曲家です。
舞台音楽の作曲家で、シェイクスピアの劇への付随音楽を多数作曲しました。
この「見よ!優しいひばりを」もコメディ・オブ・エラーズの
「ヴィーナスとアドニス」の付随音楽として作曲されました。
彼の代表作の一つです。

シェイクスピアの戯曲を上演する際に全く関係のない歌を使うと言う事が
彼の死後50年の内に行われ始め、シェイクスピアの戯曲を
「何でも投入してよいごちゃまぜのもの」と考える人々によって長い間続けられた。
この特殊な試みは1819年コヴェント・ガーデンで上演された。

この作品の中で2種類のヴァージョンがあるところは自由に選択することが出来る。
又、カデンツァは必要と思わなければ省いても良い。

      
                 楽譜の序文より




◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
info@kamakura-musica.com
まで

輸入楽譜・クラシック楽譜をお探しの際は、
輸入楽譜・クラシック譜の通販専門店「カマクラムジカ」にお任せください!

ピアノ譜/バイオリン譜/オーケストラ譜/オペラ・ヴォーカルスコアまで




スポンサーサイト


この記事へコメントする














お名前:
メールアドレス:

門間サナヱが厳選する、マニアックな輸入楽譜の情報を無料でお届けさせていただきます。

hantanyannyan

Author:hantanyannyan
楽譜検索人。猫飼育人。映画鑑賞人。
なのでこのブログは、音楽、特に楽譜と猫と映画の事を記して行きます。これぞ!と思う楽譜はどうしても大声で叫んでお知らせしたくなります。音楽が映像と一体化した時の素晴らしさも是非聞いて欲しいのでこれも書かせていただきます。要するに私の好きなことだけ、書かせていただきます。陽気に明るく楽しく過すのが幸せになるコツです。これは猫に学びました。