FC2ブログ
2020 / 08
≪ 2020 / 07 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2020 / 09 ≫

昨晩はものすごい雷と雨でした。
パソコンが心配なので(言い訳)映画を観てしまいました。
さて、本日のお勧め楽譜です。

最近では北欧の楽譜も随分入ってきました。
綺麗な曲が沢山集められています。
内容の詳細はこちらをどうぞ。
   ↓
http://www.kamakura-musica.com/shop/shopdetail.html?brandcode=004001000057&search=%A5%D5%A5%A3%A5%F3%A5%E9%A5%F3%A5%C7%A5%A3%A5%A2&sort=


♪私とこの楽譜との出会い

楽譜屋を始めて間もない頃、フィンランディアという
ピアノ作品集が出ていると聞き、何とか入手したいと思いました。
しばらくはフィンランドのその出版社の所在がわからず四苦八苦した
挙句、ちょうどフィンランドへ行くという友人に頼んでみました。
友人がフィンランドで入ったお店がその出版社の売店だったそうで、
やっと希望の楽譜を手にすることが出来ました。

♪この曲集の特徴

まず楽譜を手にしたとき、私にも音が出せそうなので
ちょっとピアノで音を出してみました。
そのときの驚き、発見、喜びは今でも忘れません。
綺麗でそれでいてセンスの良い、小粋とでも行ったら
良いのでしょうか。おしゃれな曲が一杯!
それまで抱いていたフィンランドのイメージとの違いに
びっくりしました。

♪この曲を演奏する効果

ドイツでも、イタリアでも、アメリカでもない。
今までに味わったことのない世界のピアノ曲という感じがします。
今では随分普及した、このフィンランディアですが、
それでも耳に新しいメロディでしょう。
雰囲気もいわゆるヨーロッパとはちょっと違う、それでいて心地よい。
多分聴かれる方も新鮮さを感じてくださるでしょう。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで
スポンサーサイト





この記事へコメントする














お名前:
メールアドレス:

門間サナヱが厳選する、マニアックな輸入楽譜の情報を無料でお届けさせていただきます。

hantanyannyan

Author:hantanyannyan
楽譜検索人。猫飼育人。映画鑑賞人。
なのでこのブログは、音楽、特に楽譜と猫と映画の事を記して行きます。これぞ!と思う楽譜はどうしても大声で叫んでお知らせしたくなります。音楽が映像と一体化した時の素晴らしさも是非聞いて欲しいのでこれも書かせていただきます。要するに私の好きなことだけ、書かせていただきます。陽気に明るく楽しく過すのが幸せになるコツです。これは猫に学びました。