FC2ブログ
2020 / 08
≪ 2020 / 07 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2020 / 09 ≫

シュタルケルの名前だけは子供の頃から知っていた様な気がします。
何年か前に彼のコンサートに行く機会がありました。
なんと言ったら良いか、他の華やかな演奏家とは全く違った、
田舎のおじさん(見かけではなく、雰囲気がデス)の
実直さ、真面目さ、芸術に対する誠実さ、そんなものが感じられて
甚く感激して帰ってきました。

演奏の最中に何かがチェロから“コトッ”と落ちました。
どこかに調整のためにはさんでおいたコルクのような(ワインの蓋のような)
物が外れて落ちたらしいです。
それがシュタルケルさんらしいといえばそう言えなくも無いかな?

というわけでそれ以来、私は益々シュタルケルの
ファンになってしまいました。
全く派手さの無い、「演奏で勝負!」みたいな
シュタルケルさん。

しかし人をはねつける様な感じは全くなく
暖かい人だと思いました。素敵でした。

そんなシュタルケルさんが長いこと使っていたチェロメソッド。
シュタルケルさんの周りの人はそれをコピーしあったり、
貸しあったりして、使っていたそうです。
周りの要請が段々大きくなって一冊の本にしたとありました。

お陰で今では世界中のチェロを勉強している人たちが
手にとって練習することが出来るようになったのです。
良かったデスね!

シュタルケル:左手のためのチェロメソッド
詳しくは   
  ↓
http://www.kamakura-musica.com/shopdetail/005007000001/brandname/

こちらでシュタルケルさんがこのメソッドの解説をしています。



◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで


ブログランキング始めました。クリックをお願いします↓↓
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト





この記事へコメントする














お名前:
メールアドレス:

門間サナヱが厳選する、マニアックな輸入楽譜の情報を無料でお届けさせていただきます。

hantanyannyan

Author:hantanyannyan
楽譜検索人。猫飼育人。映画鑑賞人。
なのでこのブログは、音楽、特に楽譜と猫と映画の事を記して行きます。これぞ!と思う楽譜はどうしても大声で叫んでお知らせしたくなります。音楽が映像と一体化した時の素晴らしさも是非聞いて欲しいのでこれも書かせていただきます。要するに私の好きなことだけ、書かせていただきます。陽気に明るく楽しく過すのが幸せになるコツです。これは猫に学びました。