2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫



ある日、お客様が見えて『ネットで探してみたら唯一お宅がグリャズノフさんの楽譜を扱っているので
訪ねて見ました』との事。
NPO法人ユーラシア交流支援センターの方で、
モスクワ音楽院のアーティストの方々の演奏会等の支援もなさっているそうです。
グリャズノフさんもそのアーティストのお一人で
うちのホームページを見て、急に親しみを感じた、と仰って下さいました。
こんな風にどんどん輪が広がって行くと素敵ですね。

今まで扱っていたグリャズノフさんの編曲物は
ロシアのピアノ作品編曲集
http://www.kamakura-musica.com/shopdetail/004001000301/だけでしたが
今回はビゼーのカルメンより“ハバネラ”を取り寄せることにしました。
今ではわが社の定番になりました。


gryaznov.jpg

内容はラヴェルのダフニスとクロエより(2台4手)と
ビゼーのカルメンよりハバネラ(1台4手)です。



◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
info@kamakura-musica.com
まで

輸入楽譜・クラシック楽譜をお探しの際は、
輸入楽譜・クラシック譜の通販専門店「カマクラムジカ」にお任せください!

ピアノ譜/バイオリン譜/オーケストラ譜/オペラ・ヴォーカルスコアまで


スポンサーサイト


この記事へコメントする














お名前:
メールアドレス:

門間サナヱが厳選する、マニアックな輸入楽譜の情報を無料でお届けさせていただきます。

hantanyannyan

Author:hantanyannyan
楽譜検索人。猫飼育人。映画鑑賞人。
なのでこのブログは、音楽、特に楽譜と猫と映画の事を記して行きます。これぞ!と思う楽譜はどうしても大声で叫んでお知らせしたくなります。音楽が映像と一体化した時の素晴らしさも是非聞いて欲しいのでこれも書かせていただきます。要するに私の好きなことだけ、書かせていただきます。陽気に明るく楽しく過すのが幸せになるコツです。これは猫に学びました。