2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫



展覧会の絵ならラヴェル編と思われていますが、
ここに見逃せないフンテック版をご紹介しましょう。

モーリス・ラヴェルは1922年にこのオーケストラ編曲を手がけましたが
スロベニア生まれでフィンランドで指揮者、ヴァイオリニストとして活躍していた
レオ・フンテック(1885.8.21~1965.1.13)も同じ年に、
このオーケストラ編曲を完成していたのです。

フンテックの編曲はラヴェル編に比べると、所々ではありきたりに
聞こえた様です。が実は作曲者のムソルグスキーの作品の雰囲気を
純粋且つ深く理解していると言われています。

このフンテック版はフィンランド放送交響楽団が国外で演奏した為に
フィンランド以外でも知られる様になって来ました。

ラヴェル編は燦然たる光を放ち華やかであるが、フンテク編は
ムソルグスキーが表現したいと思っていた世界に、より近いものに
なっていると思われる。
(Kalevi Ahoの解説より)

より詳しくはこちらでご覧下さい。
http://www.kamakura-musica.com/shopdetail/015000000038/



◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
info@kamakura-musica.com
まで

輸入楽譜・クラシック楽譜をお探しの際は、
輸入楽譜・クラシック譜の通販専門店「カマクラムジカ」にお任せください!

ピアノ譜/バイオリン譜/オーケストラ譜/オペラ・ヴォーカルスコアまで


スポンサーサイト


この記事へコメントする














お名前:
メールアドレス:

門間サナヱが厳選する、マニアックな輸入楽譜の情報を無料でお届けさせていただきます。

hantanyannyan

Author:hantanyannyan
楽譜検索人。猫飼育人。映画鑑賞人。
なのでこのブログは、音楽、特に楽譜と猫と映画の事を記して行きます。これぞ!と思う楽譜はどうしても大声で叫んでお知らせしたくなります。音楽が映像と一体化した時の素晴らしさも是非聞いて欲しいのでこれも書かせていただきます。要するに私の好きなことだけ、書かせていただきます。陽気に明るく楽しく過すのが幸せになるコツです。これは猫に学びました。