FC2ブログ
2019 / 06
≪ 2019 / 05 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2019 / 07 ≫

逆さジョリ      まだ耳のある頃。左耳の先が爛れています。

ジョリちゃん、お誕生日おめでとう!

13年前のこの日、私はお弁当を忘れて、家に取りに戻りました。
真昼の日が照りつける暑い日でした。
道を歩いていたら雀のさえずりの中に“ピャッ”という別の声が聞こえました。
とっさに『ねこだ!』とキョロキョロ見渡すと路肩に子猫がうずくまっています。
交通量の多い県道ですので急いで保護しました。

顔は目やにでクシャクシャ、手のひらにすっぽり入ってしまう大きさでした。
その日ははからずも息子の誕生日。
プレゼントに悩みながら歩いていた私に神様からのプレゼントです。

家に帰ってチャイムを鳴らし、わざわざ玄関まで息子を呼びつけて
“お誕生日おめでとう!はいプレゼント”と子猫を渡しました。
『何なの!』と文句を言いながら出てきた息子は直ぐに獣医さんに連れて行くと(大歓迎ですね)支度を始めました。
実は2月ほど前に息子の可愛がっていた猫が突然不慮の事故で亡くなり、
彼は傷心の日々を送っていたのです。
亡くなった子は三毛。拾った子猫も三毛猫。
これは絶対に天国へ行ってしまった子が神様にお願いして戻って来たのだろうと言うのが私の思いです。

ジョリ子は来てすぐに先住猫シッポネンのおっぱいにむしゃぶりついて行きました。
心優しいシッポネンは出ないお乳をジョリ子にしゃぶらせ面倒を見てくれたのです。
その日からジョリ子は息子の膝でほぼ一日中過ごし、合間には先住猫達に可愛がられ
穏やかな良い子に育ちました。
優しく育てられたジョリ子ですから後から来た子にも
優しく、決して拒絶しません。
悪さもしないし、私にせっせとおもちゃを運んでくれる毎日です。
悪性腫瘍で方耳を失ったけれど本猫は全く気にせず今はすっかり元気です。
私の課題は『いかに長く元気で過ごさせてやるか』です。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
info@kamakura-musica.com
まで

輸入楽譜・クラシック楽譜をお探しの際は、
輸入楽譜・クラシック譜の通販専門店「カマクラムジカ」にお任せください!

ピアノ譜/バイオリン譜/オーケストラ譜/オペラ・ヴォーカルスコアまで
<



スポンサーサイト






ベーレンライター新シリーズが始まります。(以下Barenreiter解説より)

“チェコ-テレジーン強制収容所の作曲家達”
国外追放されたり虐殺されたりするまでPavel-Haas(1899-1944.10.17)、
Gideon-Klein(1919-1945)、Viktor-Ulmann(1989-1944.10.18)、Hans-Krasa
(1899-194410.17)などのチェコの作曲家達は収容所に拘留されていたが、そんな
中でも彼等は作曲活動を続けていた。彼等は一様に悲劇的な運命に苦しんでいた
にもかかわらず、其々の作品はどれも驚く程の創造性にあふれ独創的で豊な色彩
を放っている。“テレジーンの作曲家達”という新しいシリーズではこれ等の特徴
的な作品に光を当て、室内楽を新原典版として出版してゆく予定である。
※2019年11月出版予定
♪パヴェル-ハース:弦楽四重奏曲第2番OP.7“From the Monkey Mountain”
         『猿山より-パーカッション付き』スタディスコア¥4,827(税込)
                         パート譜   ¥6,145(税込)
ヤナーチェクの弟子のひとりであったハースはこの作品で(特に4楽章では)
弦楽四重奏にパーカッションを加え作曲技法の要素とジャズを結び付けた。この
ヴァージョンは1926年ブルーノで初演されたがその後弦楽四重奏のみに改訂された。
今回出版されたものはOndre-Pivodaがオリジナル版を再構築した物で初出版である。

あえて日にちを入れましたが
彼らの亡くなった日を見て下さい。3人までが同じ日か前後した日にちになっています。
虐殺された日です。辛いですね。
翌年になくなったKleinでさえ45年ですが未だ戦中で解放される
ホンの数週間前に25歳で収容所で亡くなっています。



◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
info@kamakura-musica.com
まで

輸入楽譜・クラシック楽譜をお探しの際は、
輸入楽譜・クラシック譜の通販専門店「カマクラムジカ」にお任せください!

ピアノ譜/バイオリン譜/オーケストラ譜/オペラ・ヴォーカルスコアまで
<


名月院菖蒲19年 明月院花菖蒲  Photo by Yoshimi,G




NinaCarina.jpgNinaCarina20005.jpg

グルダのニーナ・カリーナです。
あの『アリア』を歌にしたのがこの『ニーナ・カリーナ』と言われています。
確かにメロディーはそっくりです。
Hermann Prey-Show(音楽は私の世界)でドミンゴが初演しました。

この楽譜(と言うかグルダの楽譜)は油断しているとパタっと切れてしまい、
出来上がるのに本当に時間がかかります。
これも1年以上かかってやっと入って来ました。
貴重といえば貴重な楽譜です。

ご注文はこちらからどうぞ。
http://www.kamakura-musica.com/shopdetail/008001000052


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
info@kamakura-musica.com
まで

輸入楽譜・クラシック楽譜をお探しの際は、
輸入楽譜・クラシック譜の通販専門店「カマクラムジカ」にお任せください!

ピアノ譜/バイオリン譜/オーケストラ譜/オペラ・ヴォーカルスコアまで
<








タンゴ発祥の地がアルゼンチンだと言われることに少々腹が立つというフィンランドの
映画監督アキ-カウリスマキ。

偶然乗ったタクシーのフィンランド人運転手からタンゴ
はフィンランドで生まれたと聞いた3人のアルゼンチンミュージシャンが真相を確か
めにフィンランドへ行く。
延々と続く森や湖に最初は馴染めなかった彼らも徐々に魅力を感じてゆく。
そこで耳にしたフィンランドのタンゴはアルゼンチンの熱気ムンムン
なタンゴとは正反対で静かなタンゴ。
彼らの踊るタンゴはアルゼンチンとは全く違う
(切れの無いタンゴと言えばそうなのだけれど)ワルツの様に穏やかでとても魅力を
感じた。

だから“タンゴはこう踊らなくてはならない!”なんて事は無いのです。
自分の好きな様に踊れば良いのです。
同じタンゴのリズムでこんなに違うタンゴが演奏されるのも面白い。
静かで穏やかでちょっと悪戯っぽいフィンランドのミュージシャンと
情熱的なアルゼンチンのミュージシャンが一緒にタンゴを演奏し、
心から互いを認め合うセッションが羨ましい程楽しい。

フィンランドで生まれたタンゴが船に乗ってアルゼンチンに着き、そこから広まった
と言うのがフィンランド発祥説。
う~~んそうかもしれないね~。情熱大陸南アメリカで現代のタンゴに育ったのかも知れないな~。
結局映画でも発祥の地は何処でも良い様でした。

どちらでも良いと思える程、両国のミュージシャンが素敵だったし、
タンゴは何処で生まれても心躍る音楽だと再認識した素晴らしい映画でした。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
info@kamakura-musica.com
まで

輸入楽譜・クラシック楽譜をお探しの際は、
輸入楽譜・クラシック譜の通販専門店「カマクラムジカ」にお任せください!

ピアノ譜/バイオリン譜/オーケストラ譜/オペラ・ヴォーカルスコアまで
<


アジサイ19年      今、真っ盛りのアジサイです。 Photo by Yoshimi,G




グリーンバウムは1966年生まれのオーストラリアの作曲家です。
現在はメルボルン音楽院の作曲家の主席教授です。
そんな彼は先ずポップミュージック、ロック、ブルースなどに影響を受け、
その後ジャスにも興味を持ったそうです。
音楽に固定観念は不要ですね。

Greenbaum.jpgGreenbaum2.jpg




◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
info@kamakura-musica.com
まで

輸入楽譜・クラシック楽譜をお探しの際は、
輸入楽譜・クラシック譜の通販専門店「カマクラムジカ」にお任せください!

ピアノ譜/バイオリン譜/オーケストラ譜/オペラ・ヴォーカルスコアまで
<


耳無しジョリ、シュシュ、蟹丸

美人が3匹。一番左は3月に彼岸へ旅立った主任です。よく見て下さい。真中のジョリ子の左耳がありません。
可哀相にまだまだ大丈夫と言われ、それ迄通っていた病院で放っておかれた挙句に耳の先が
悪性腫瘍なってしまったのです。
別の病院で診てもらい、今年1月15日に手術をしました。
今は再発もなく元気に暮らしています。
右端が蟹丸。新平家物語を読んでいたらなにやら豪商らしい男の使い走りの名前が蟹丸でした。
主任亡き後、その座を狙っています。(正確には私の膝)
悪戯もかなり主任に叩き込まれたらしいです。


cat with a hat

これは1月の手術後、退院してきたジョリ子の傷口を保護するために被せた帽子です。
病院の先生は“そんなものがあるのですか!”とほしそうだったけれど、
実は娘がUFOキャッチャーで取ってきてくれたものです。
可愛いし、傷は保護できるしとかなりユースフルな帽子でした(しかし気にしていないと取れちゃう)

『元野良日記』はカマクラムジカのメルマガで時々配信中です。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
info@kamakura-musica.com
まで

輸入楽譜・クラシック楽譜をお探しの際は、
輸入楽譜・クラシック譜の通販専門店「カマクラムジカ」にお任せください!

ピアノ譜/バイオリン譜/オーケストラ譜/オペラ・ヴォーカルスコアまで
<






Rott.jpg

ハンス・ロット(1858.8.1~1884.6.25)はオーストリアの作曲家です。
ブルックナーの弟子であり、マーラーとは学友でした。
打たれ強いマーラーに比べロットは繊細だったのでしょう。
作品が認められずに精神に支障を来たし、うつ病を発症し、挙句に結核で25才という若さで
亡くなってしまいました。
20世紀中には認めてもらえなかった彼の作品も近年になってやっと日の目を見てきました。
それにしてもこのシンフォニー出だしが、あの映画
“エデンの東”に似すぎていませんか?雰囲気もそっくり!
エデンの東の作曲家レナード・ローゼンマンはこの曲が頭のどこかにあったのでしょうか?



◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
info@kamakura-musica.com
まで

輸入楽譜・クラシック楽譜をお探しの際は、
輸入楽譜・クラシック譜の通販専門店「カマクラムジカ」にお任せください!

ピアノ譜/バイオリン譜/オーケストラ譜/オペラ・ヴォーカルスコアまで
<


ガビチョウ
ガビチョウ Photo by Yoshimi,G
何年か前に急に家の周辺で鳴き出したガビチョウ。
声の綺麗さとレパートリーの広さは天下一品。
しかしひっきりなしに鳴くので嫌われ野に放たれたそうです。
有害害鳥とか。自分で日本へ来たわけでもないのに気の毒です。
(因みに日本に連れてこられたのは江戸時代だとか・・・今まで何処に居たんだろ?)

本日のお勧め楽譜はグノー:弦楽四重奏曲第3番です。
あのファウストやアヴェ・マリアでよく知られたシャルル・グノーです。
弦楽四重奏曲第3番といっても長いこと(100年)この曲しか存在しないと思われていたのです。
しかし没後100年目にあるオークションで2番と(別の)第3番の存在が明らかになったそうです。
ややこしくなりましたね~。
この曲を特定するには第3番イ短調と書けばあとから見つかった3番との区別がつきます。



Gounod4Blog.jpg
Gounod42Blog.jpg



◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
info@kamakura-musica.com
まで

輸入楽譜・クラシック楽譜をお探しの際は、
輸入楽譜・クラシック譜の通販専門店「カマクラムジカ」にお任せください!

ピアノ譜/バイオリン譜/オーケストラ譜/オペラ・ヴォーカルスコアまで
<


お名前:
メールアドレス:

門間サナヱが厳選する、マニアックな輸入楽譜の情報を無料でお届けさせていただきます。

hantanyannyan

Author:hantanyannyan
楽譜検索人。猫飼育人。映画鑑賞人。
なのでこのブログは、音楽、特に楽譜と猫と映画の事を記して行きます。これぞ!と思う楽譜はどうしても大声で叫んでお知らせしたくなります。音楽が映像と一体化した時の素晴らしさも是非聞いて欲しいのでこれも書かせていただきます。要するに私の好きなことだけ、書かせていただきます。陽気に明るく楽しく過すのが幸せになるコツです。これは猫に学びました。