2010 / 06
≪ 2010 / 05 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - 2010 / 07 ≫

夏越の大祓 Photo by Yoshimi,G

今日は鎌倉八幡宮で“夏越の大祓"が行われます。
このをくぐりぬけることにより、
犯した罪や穢れを除き去るための祓えの行事で、
6月の大祓を夏越の祓(なごしのはらえ)と言うそうです。
これは今朝早くに撮影されたものです。
今までは当日朝早くに作られていたと思うのですが、これは昨日中に出来た様です。

大銀杏の無い風景にも慣れてきてしまいました。

さて、これは嬉しいニュースです。
7年間絶版になっていたバーンスタイン:キャンディード/連弾が復活です。
こういう事も有るのですね~。

これはキャンディードからのセレクションです。
収録曲は下記の通り。

1)Overture
2) The Best of All Possiblewaolds
3) Oh,Happy We
4) It Must be Me
5) Paris Waltz
6) I Am Easiluy Assimilated
7) Ballad of Eldorado
8) Bon Voyage
9) We are Women
10)Make Our Garden Grow

価格は¥2,830.-です。

◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで

スポンサーサイト



どんな歌手も彼にはかないません。コロッケも真っ青ですね。
歌を歌っても、喋らせても、彼ほど上手くまねのできる者はいないでしょう。
羨ましいですね~。



◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで

かもめ
                       Photo by Yoshimi,G

『ラヴィニャック:ギャロップ・マーチ』

この楽譜の素晴らしいところは様々なパフォーマンスが出来るところ。
コンサートのアンコールには持って来いの楽しい曲でした。
カマクラムジカでも人気が高く、常に注文に追われていた楽譜です。

ここ一月ばかり入荷が遅れていて、多くのお客様が待ち焦がれていた
楽譜です。
やっとそこから荷物が入ったと思ったら、中に『ラヴィニャックは絶版』
と書かれていました。

何故遅れていたか?
出版社の吸収合併が大きな理由だったようです。
その上にこの楽譜自体は絶版になり、
出版社にとっては注文に対して一々答えている暇はない!
とでも思っていたのでしょうか?

こんな目に何度遭った事か。
全く荷物が入らなくなり、何度も何度も連絡をするのだけれど
回答が無い・・・挙句、その会社が他の会社に合併されてしまったとか。
その楽譜はもう無いとか。

こんな時日本なら丁寧な挨拶状が来るなど何かしらの方法で
こちらに知らせが来るけれど、まあ国民性とでも言うのでしょうか。

それにしてもあんなに人気のあった曲が
いきなり絶版なんて、ショックです。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで




S紫陽花                            Photo by Yoshimi,G

天気予報によると今日は晴天で暑くなるとの事でした。
しかしちょっと曇って来ました。
こんな天候が紫陽花には合うのかも知れませんね。
相変わらず道は大渋滞です。

さて、何年か前に鎌倉に突然人力車が増えました。
人力車のお兄さん達は道行く観光客にとにかく声を掛けます。
近頃はあちらさんも慣れて来て、地元民には声を掛けませんが
最初は誰彼構わずでしたから、住民は大変でした。
八幡宮周辺を歩くたびに声を掛けられるのです。正直鬱陶しかったです。

最近鎌倉へ越してきた人が
「近頃やっと声を掛けられなくなった。これで私も鎌倉の住人になれたのね」と
喜んでいたそうです。
そうか~。そういう判断も有るのね。
では、いつまでも声を掛けられていた私は一体何なの?
生まれてから今日までず~~~~~っと鎌倉の住人なのに・・・。

♪今日の一曲はエストレリータで有名な
 マニエル・ポンセ作曲
「左手の為のプレリュードとフーガ」
です。

SSPonce.jpg
SS2ponce.jpg

どんな曲なの?と思われたあなた、
詳しくはこちらへどうぞ。
http://www.kamakura-musica.com/shopdetail/004004000001/brandname/


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで

S成就院
極楽寺の成就院です。ここはちょっと素敵  Photo by Yoshimi,G


S極楽寺 (1)
成就院へは江ノ電に乗って行くのがベスト  Photo by Yoshimi,G
それにしても凄い人人人。

さて、やっとマスカーニが入荷しました。
今回はピアノソロピアノトリオ(ピアノ四重奏にもピアノ五重奏にもなります)です。
マスカーニと出版社のソンソーニョとの関係は
1888年にソンソーニョの懸賞にマスカーニが応募したことから始まります。
未だにソンソーニョがこの曲を出版している所以です。
120年もの間柄なんですね~。
この一幕物のオペラは大ヒットしました。
今でも人気のこのメロディー。
     ↓
http://ml.naxos.jp/work/27220?af=kam



詳しくはこちらをどうぞ・・・
http://www.kamakura-musica.com/shopdetail/004001000180/brandname/


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで


Sツバメ1

ツバメ2 Photo by Yoshimi,G

ツバメの子が2匹。餌を待っているところです。
親が来て餌を貰いました。

この時期あちこちでツバメの親子を見かけますね。
子供達もそろそろ巣立ちの時期が来ています。

そういえばお隣の島田さんち(http://hantanyannyan.blog58.fc2.com/blog-entry-242.html)では
毎年ツバメが車庫の中に巣を作ります。

昨年のある早朝、島田さんは家の前の電線に両親と子つばめが並んでいるところを見ました。
そのあと全員が飛び立って行きました。
それがそのつばめ一家の旅立ちの瞬間だったのだそうです。
「感動だったわよ」と島田さん。

ツバメの旅立ちの瞬間を見られたなんてラッキーですね~。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで


S紫陽花(ブルー)

S菖蒲

S名月院
                          Photo by Yoshimi,G

梅雨真っ盛り。
紫陽花で有名な鎌倉明月院。
実は私、大学時代に一度行ったきり。
なので○十年も行った事が有りません。

カマクラムジカのスタッフが写真を撮ってきてくれました。

明月院の入山料が¥500.-(普段は¥300.-6月は¥500.-)
菖蒲庭への入場料が¥500.-

昔はどこも自由に入れて、お寺は子供達の恰好の遊び場だったのに・・・。
今は猫も自由に歩けない、あるいは猫を招き猫よろしく手なずけたりして。
猫が食べるのに困らなければ良いか。

そういえば紫陽花はフランス語で「オルタンシア」
イヴェット・ジローの歌に「マドモワゼル・オルタンシア」(日本名は紫陽花娘だそうです)
という歌があるそうです。
日本でも有りますね、
磯辺 俶さんの「あじさい あじさい オルタンシア」という曲です。

それにしても最近はゲリラ的な雨が多いです。
ショパンの雨だれの様にひっそりと降ってくれれば可愛らしいのに。

以前お勧めしたショパン傘(http://hantanyannyan.blog58.fc2.com/blog-entry-243.html
想像以上の人気で慌ててます。ショパンも喜んでいることでしょう。
良かった良かった!

◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで

ショパンに猫のワルツなんてあったっけ?
ショパンが名づけたものではないですね。
そにしても岩合さんの写真は素晴らしい!
猫が生き生きしています。



今日の鎌倉は午後からバケツをひっくり返したような大雨です。

黄金のしずく
   黄金のしずく                     Photo by Yosimi,G

◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで                         

ラテン2Vl.

★ラテン・アンド・モアー バイオリンデュエット★

バイオリニストで作曲家でもあるAleksy Igudesmanの作品です。
彼は民謡や、世界中の伝統的に受け継がれてきた音楽をシリーズにして
バイオリンデュエットを書いています。
その彼が演奏家の立場から、あるいはラテンにすっかりはまってしまった人
の立場からタンゴ、サルサ、サンバ等を書きました。
UE社の新譜です。(\2,260.-)


“二本のバイオリンよりむしろフルバンドの演奏を聴いている様だ” 
                (ミュージックマガジン、2010.5.評より)


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで

ショパン生誕200年を記念してヘンレ社より折りたたみ傘が発売されました。
今年の限定品です。

S傘全体

傘に施されている曲は勿論“雨だれ”
S傘楽譜

ケースにはショパンのサインが・・
S傘ケース

数に限りがあります。
ご希望の方はお早めに。

価格は¥2,000.-です。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで

横山 達治

パーカッションの横山達治さんです。
6月2日は島田さんちでコンサートがありました。

出し物は♪落語おぺら「厩火事」♪八匹目の象 ♪愛の賛歌
その他諸々。

出演はこんにゃく座のうた役者富山直人さん
       ピアニストの服部真理子さん
特別ゲストがラテンパーカッションの横山さん

この島田さんちのコンサートは私の住む小さな谷戸で、年に何回か行われます。
ご近所さんは勿論の事、遠く東京や埼玉から駆けつけてくる人もいます。
休日の午後にちょっとゆったりと楽しむには持って来いのコンサートです。

そこへ今回はこの横山さんが特別ゲストで出演。

歌とピアノの演奏に何気なくスッと入ってくるパーカッション。
かと思うと情熱的に叩きまくる。
そんな時の横山さんは本当に楽しそうです
これほどまでに楽しそうに演奏する人を見た事がない・・。
その楽しさは聴いている私達にもどんどん伝わって来ます。

7月のライブは○○日に○○で、と言った途端に
“私行きます!”“私も”と、ファン続出。

で、次回のライブはこの小さな谷戸の住人がこぞって出かけます。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで












フォーレフォーレ2

この曲のオリジナルは歌曲ですが
様々な楽器に編曲されています。
今回はバイオリン、チェロ、ピアノのトリオに編曲されたものです。
2003年7月のアスペン音楽祭でアンコールピースとして演奏されました。

その時の演奏者は
ピアノ:編曲者の江口 玲
バイオリン:ギル・シャハム
チェロ:ブリントン・スミスです。

編曲者の江口玲さんは
「非凡なる芸術性、円熟、知性」(ニューヨーク・タイムズ紙)と評されるピアニスト。
ソロは勿論の事、室内楽、伴奏、編曲等に大活躍中です。

こちらは江口さんのオフィシャル・サイトです。
   ↓
http://www.akiraeguchi.com/index-jenter.html

◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで

Gerald Barry


2歳児


上の2曲似てない?

で、これが上のBarryの作品『カルテット第2番』(動画とは別物)です。


SBarryブログ

SBarryブログ2

G.Barryは1952年生まれのイギリスの作曲家。
シュトックハウゼン、カーゲル等と作曲を学びました。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで





演奏はプレトニョフです。
オルゴールの感じがとてもよく出ていますね。
段々ゆっくりになって
ゼンマイが止まりそうになって、又音が鳴って・・・とうとう止まる。

曲自体もオルゴールの感じをよく表現していると思いますが
プレトニョフの演奏が憎いですね~。

楽譜はリアドフのピアノ曲集に入っています。



◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで



Sアオサギ君
アオサギ君                  Photo by Yoshimi,G

Sお風呂?
お風呂?                   Photo by Yoshimi,G

S水浴びをするアオサギ君
水浴びするアオサギ君                   Photo by Yoshimi,G

《本日のサービス品》
SSBizet Carmen

ビゼー:カルメン全曲 ヴォーカルスコア (シャーマー版)
    言語はフランス語、英語
    価格:¥4,460.-→¥2,400.-

    これを見つけたあなたはラッキー!
    ご注文はお早めに!


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで


SWild CD

アール・ワイルドはアメリカを代表するピアニスト。
日本ではあまり知られていませんが、編曲者としても有名です。
1915年11月26日にペンシルヴァニアのピッツバーグに生まれ、
今年1月23日にパームスプリングの自宅で亡くなりました。

彼の業績は特に編曲に優れた作品を残したことです。

本日取り上げたこのCDには
♪Rhapsody in Blue
♪Grande Fantasy on Porgy and Bess
♪Seven Virtuoso Etudes

Three Preludes for Pianoが収録されています。

ピンク色の曲は楽譜が出版されています。

※曲目は下記の7曲です。
・The Man I Love ・I Got Thythm ・Embraceable You ・Fascinatin' Rhythm
・Somebody Loves Me ・Liza ・Lady Be Good
 
ワイルドについて詳しくは・・・
http://www.kamakura-musica.com/shopdetail/004010000001/brandname/

♪G.Gershwin/Wild《CD》¥2,500.-の
ご注文・お問い合わせはinfo@kamakura-musica.comへどうぞ


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで



6月8日はR・シューマンの誕生日です。
彼の生誕200年を記念して、シューマンの曲のご紹介です。

あまり知られていない事ですが、
シューマンは1838年~1839年の半年間をウイーンで過しました。
この曲はその期間に作られました。
シューマンの作品の中でも優れた作品とされていますが
彼自身もこの「フモレスケ」を『自分の作品の中でも優れた作品の一つ』と言っています。

演奏は・・・

ホロヴィッツ


リヒテル


テルミンとは
1919年にロシアの発明家レフ・セルゲーエヴィチ・テルミンが発明した世界初の電子楽器。
猫にも弾けます。




この不思議な楽器テルミンの映画もあります。
題名も『テルミン』
1993年にアメリカで出来たドキュメント映画です。
映画もちょっと不思議な雰囲気の映画でした。

◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで



元々は歌曲として作曲されたこのエストレリータ(小さな星)は
ハイフェッツの編曲で一躍有名になり、バイオリン曲として歩き出しました。
勿論この楽譜はハイフェッツ編。

その他にはギターでもよく演奏されますね。


ハイフェッツ


ジョシュア・ベル


パールマン
http://www.youtube.com/v/DzhIHvF-TFU&rel=1&fs=1&showsearch=0" name="movie"/>


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで


S頑張れ!大銀杏

がんばれ大銀杏!                  Photo by Yoshimi,G

今日の一冊は
『モーツアルト:ファンタジー ニ短調 KV397』

SMozart Fantasy


同じ曲でも・・・・

ギレリス


グールド



グルダ



◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで


鴨、飛び立つ!
鴨!飛び立つ                   Photo by Yoshimi,G

晩秋に刈り取られた蓮がこんなに大きくなりました。(鶴岡八幡宮)

SSリスト

本日の一冊は
『リスト:悲愴協奏曲・メンデルスゾーンの無言歌による大コンツェルトシュテュック/2台4手』

この楽譜で特筆するべきところは
『悲愴協奏曲』に2つのエンディングが記載されているところです。

その1.リストのオリジナルエンディング(1866)
その2.リストの承諾を得たビューローのエンディング(1884)

上記エンディングが2つ同時に記載されている初の楽譜です

また、
『メンデルスゾーンの無言歌による大コンツェルトシュテュック』は
この出版社からの出版のみです
この作品は作曲されて4回は確かに演奏された。しかしその演奏に使われた楽譜は行方不明。

さて、その4回は一体誰が演奏したのでしょうか?

詳しくは・・・
http://www.kamakura-musica.com/shopdetail/004018000029/brandname/


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで






ピアソラのオブリヴィオン(2台ピアノ用)です。
メロディは上記映像を参考にして下さい。
この他にはエスクワロ(鮫)の2台ピアノ用が入荷しています。


詳しくは・・・
http://www.kamakura-musica.com/shopdetail/004018000027/brandname/


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで

菩提樹

何十年ぶりかで映画「菩提樹」を観ました。
サウンド・オブ・ミュージックの元になった映画です。

「菩提樹」は幼い頃に母親に連れられて観に行ったのですが、
ストーリー、映像、音楽、全てに魅せられてしまいました。
何とかあの映画をもう一度観てみたい、サウンド・オブ・ミュージックを
観てからずっとそう思っていました。

現代は良い時代になりました。
古い映画がDVDになって手に入ります。

改めて観た「菩提樹」は何年経っても、たとえ私が歳を経てもやはり素晴らしい映画でした。
やはりサウンド・オブ・ミュージックとついつい比べてしまいますが、
いづれも素晴らしい映画だと言えますね。
どちらかと言うとサウンド・オブ・ミュージックの方がエンターテイメント性が
強くて、観るものを楽しませてくれる要素は多いです。
しかし菩提樹もその暖かさや音楽がとても生きているし、
実話により近いのだろうと思います。

いずれも主演の女優さんが素晴らしいですね。
ちなみに菩提樹のルート・ロイヴェリックはあのフィッシャー・ディスカウの
奥さんだったこともあるのですね~。

ついでに菩提樹の中で次男を演じたミヒャエル・アンデ。
彼はこれもまた古い映画ですが「野ばら」で主演を演じたあの美声の名子役です。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで









お名前:
メールアドレス:

門間サナヱが厳選する、マニアックな輸入楽譜の情報を無料でお届けさせていただきます。

hantanyannyan

Author:hantanyannyan
楽譜検索人。猫飼育人。映画鑑賞人。
なのでこのブログは、音楽、特に楽譜と猫と映画の事を記して行きます。これぞ!と思う楽譜はどうしても大声で叫んでお知らせしたくなります。音楽が映像と一体化した時の素晴らしさも是非聞いて欲しいのでこれも書かせていただきます。要するに私の好きなことだけ、書かせていただきます。陽気に明るく楽しく過すのが幸せになるコツです。これは猫に学びました。