2009 / 08
≪ 2009 / 07 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2009 / 09 ≫

暑い日中に我が家への道を歩いていたら
トンボが二匹飛んできました。

私の家の近所で見かけるトンボは
大抵が「しおからトンボ」。
ところがそのトンボは
黒いボディーにまるでコルセットでも巻きつけたかの様に、
コシの部分が真っ白。
それが二匹で飛んできたのです。

なんと言う偶然なのでしょう!
2,3日前にスタッフが八幡宮で取った写真のトンボだったのです。

コシアキトンボ
                                    Photo by Yoshimi.G

セミや雀の鳴き声もめっきり減っている近頃に
こんな虫たちに出会うとホッとします。
元気だね~と、思わず声を掛けたくなります。



◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで






スポンサーサイト

オランダからこんなに可愛いヴィオラの楽譜が入りました。

表紙


ヴィオラの教本は数も少ないので、
良いものを探すのは結構大変です。
特に子供用教本となると益々難しいのが現状でしょう。
これはヴィオラを始めて2年目の子供用と書かれています。

楽譜


こういう楽譜がどんどん使われて
ヴィオラの地位向上に一役買ってくれると良いですね。

オランダの野村さ~~ん、
オランダの子供達の音楽事情、オーケストラ事情を
皆さんにお知らせくださいな~~~!


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで



ここへ来て
ソラブジ・アーカイブからの
アムランの楽譜にいくつかの内容変更が出ています。

まず
Triple Etude After Chopin
これは今まで単品で出ていましたが、2009年6月より
Twelve Etudes in minor Keysに組み込まれました。

このTwelve Etudes in minorKeysにいくつかの変更があります。

1)Triple Etude after Chopi(1992) が入り、
2)Etude Fantastique sur “Le Vol du Bourdon"de Rimsky-Korsakoff(1987) (熊蜂の飛行)が抜ける。
  このエチュードはいづれ単品で出版される予定です。
3)Etude No.3(d'apres Paganini-Liszt)(1993)が抜ける。
このEtude No.3は今のところ単品でも出なくなっています

ふ~~ややこしいですね。

それでは整理をして、
新生《Twelve Etudes in minor Keys》に含まれている曲を書いてみましょう。

*Triple Etude after Chopin
*Etude No.6 Essercizio per Pianoforte(1992)

*Etude No.9 d'apre Rossini(1987)
*Etude No.10 d'apres Chopin(1990) ("pour les idees noires)
この4曲になります。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで







風
風のとても強い一日、八幡宮の蓮の葉が強風に煽られていました。
「風」でイメージする曲って何だろう?
今日は一日中「風」がテーマの曲を考えていました。

浮かんでくるのはボブ・ディランだったり、小学唱歌だったりで
なかなかこの蓮の葉に似合う曲が見つかりません

あなたなら何を選びます?
この写真にふさわしい一曲を、是非教えてくださいな。            
                                       Photo by Yoshimi.G

◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで





だーれだ?
犬は一緒に散歩をしてくれます。・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ Photo by Yoshimi.G
猫はそうは行きません。中には一緒にリードをつけて歩いてくれる子もいますが。

しかし猫には犬にはないこんなに素晴らしい才能があるのです。



Noraはなんとオーケストラとの共演で
ピアノコンチェルトも演奏してます。
http://music.todaysbigthing.com/2009/07/22

世の中にはこんなに働いてくれる猫さんがいるのに、
我が家の猫たちは「無芸大食」派です。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで

赤とんぼ
まだ夏だと言うのに、もう赤とんぼです。・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ Photo by Yoshimi.G
綺麗ですね~。

それでは今日の一曲は秋をテーマに。
アルベニスの『秋』です。
これは作品170、単一の曲です。

後世に名を残す芸術家という人たちは、伝記等を読んでも
本当に早くから才能を発揮していますね。
アルベニスもそうです。
8歳から11歳までマドリッド音楽院で音楽を学び
その間中南米までピアノを弾きながら放浪の旅を続けたそうです。
早熟というか、恐いもの知らずというか、
私ならとても恐くて出来ません。

あ、私は天才ではなくただの人ですが。

詳しくは・・・

http://www.kamakura-musica.com/shopdetail/004001000026/brandname/

◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで



小舟
蓮の花びらが一枚池に落ちました。・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ( Photo by Yoshimi.G)
この映像で私はドビュッシーの「小舟にて」を思い出しましたが、
皆さんはどんな曲をイメージされましたか?

音楽映像って相互に大事な役目を担っているのです。
が、しかし映像を見てしまったがために
イメージがそれ以上広がらなくなった・・・
などという事も時にはありますね。

良い映像と良い演奏の合致した時、
それこそが至福の時間と言うのでしょう。

ドビュッシー:小舟にて
詳しくは・・・

http://www.kamakura-musica.com/shopdetail/004002000021/brandname/


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで



お名前:
メールアドレス:

門間サナヱが厳選する、マニアックな輸入楽譜の情報を無料でお届けさせていただきます。

hantanyannyan

Author:hantanyannyan
楽譜検索人。猫飼育人。映画鑑賞人。
なのでこのブログは、音楽、特に楽譜と猫と映画の事を記して行きます。これぞ!と思う楽譜はどうしても大声で叫んでお知らせしたくなります。音楽が映像と一体化した時の素晴らしさも是非聞いて欲しいのでこれも書かせていただきます。要するに私の好きなことだけ、書かせていただきます。陽気に明るく楽しく過すのが幸せになるコツです。これは猫に学びました。