FC2ブログ
2009 / 06
≪ 2009 / 05 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2009 / 07 ≫

日本モンゴル
近くて遠い国とはよく言ったものです。

家族
モンゴルの家族

彼の国は遠い所に有ると思っていました。
しかし飛行機に乗ってしまえば4時間で着いてしまいます。
韓国や中国の情報はたっぷり過ぎるくらい入ってくるのに
モンゴルの情報はお相撲さんのことばかり。

日本とモンゴルって近い国なんですよ。
ほら、赤ちゃんのお尻にある青あざ。
あれって日本人モンゴル人だけにあるのですって!
民族としては同じなのでしょうね。
顔立ちだってどちらがどちらか分からないくらいです。

そんなモンゴルからCDをもらいました。
一枚はオーケストラ。と言っても馬頭琴オーケストラです。
もう一枚はバイオリン。これは全く西洋音楽で言うところのバイオリン。

馬頭琴オーケストラは、迫力満点です。
馬頭琴はバイオリン位の大きさからヴィオラ、チェロ、コントラバス
の様に大きさが様々あって、音だけ聴いていると
普通のオーケストラの様に聞こえます。
違いといえば迫力でしょうか。
モンゴルの馬頭琴オーケストラは一聴の価値ありです。

バイオリンのCDはDigiと言う若い女性のバイオリニスト。
普通にバッハなども弾いていますが、やはり私の興味は
モンゴル音楽へと行ってしまいます。
モンゴルの人なら誰でも知っている「お母さんの歌」
「わが心のゴビ砂漠」等、
私でも行ったことが無いのに
ゴビ砂漠がなつかしくなってしまいます。
この「わが心のゴビ砂漠」はバイオリンソロのCDにも
馬頭琴オーケストラのCDにも入っていて、
どちらもそれぞれに素晴らしい演奏です。

さばくの持つ大らかさ、誰でもをその大らかさで
包みこんでしまうような
スケールの曲です。
馬がものすごい迫力で駆け回るかと思うと
砂漠の広さに圧倒されそうな・・・モンゴルそのものといった素晴らしいものです。

モンゴルには
日本民謡と本当によく似た古い歌もあります。
その上に現代モンゴルの素晴らしい音楽が沢山あります。
それらはどこか懐かしく、スッと入ってゆかれる暖かさ、
大らかさで聴いている者を包みこんでくれます。



◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで







スポンサーサイト



お名前:
メールアドレス:

門間サナヱが厳選する、マニアックな輸入楽譜の情報を無料でお届けさせていただきます。

hantanyannyan

Author:hantanyannyan
楽譜検索人。猫飼育人。映画鑑賞人。
なのでこのブログは、音楽、特に楽譜と猫と映画の事を記して行きます。これぞ!と思う楽譜はどうしても大声で叫んでお知らせしたくなります。音楽が映像と一体化した時の素晴らしさも是非聞いて欲しいのでこれも書かせていただきます。要するに私の好きなことだけ、書かせていただきます。陽気に明るく楽しく過すのが幸せになるコツです。これは猫に学びました。