FC2ブログ
2009 / 05
≪ 2009 / 04 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - - 2009 / 06 ≫

ミルシュテインは1903年生まれのロシアのバイオリニストです。
彼の心に強く印象付けられたのは8歳でお母さんに連れて行かれた
ハイフェッツのコンサートでした。
しかし最初は練習を嫌っていたようですね
12歳でやっとバイオリンを弾くことに興味を持ち始めたと書いています。
彼は18歳でピアノのV.ホロヴィッツと出会い沢山のコンサートをしま
した。その後イザイに出会いイザイをして「私が教えることは何も無い」
言わせしめたとか86歳で転んで腕を折るまで演奏活動を続けたそうです。
その後89歳でなくなるまで編曲に携わったとか。凄い人ですね~。

この編曲集はショパンのノクターン(遺作)、チャイコフスキーの子守唄、リス
トのコンソレーションの3曲が入っています。

ご注文・お問い合わせは

http://www.kamakura-musica.com
blog@kamakura-musica.com


スポンサーサイト



カマクラムジカの永久定番です。
私がとやかく言うよりも実際にお使いのW先生のお声を聞いてください。
一度つかったらもう手放せない・・・優れたメソードです。

まずは黒鍵での ゆかいな遊びからはいります、
ルンツェもそうですが、それよりも楽譜化され場所の限定があり 、
リズムをつくるために伴奏もついてます。
だから 長さ、音名、わからんチャン(;¬_¬)でもすすめます。
そしてさりげなく メリーさんやらの耳に親しみのある曲が片手用にならんでまして
(弾きたかったらひいていいよ~のノリで)これに(子供たちに)左手の伴奏を
つけさせたりして楽しんでます。

真ん中のドから音読みが上下に広がっていきます。
勉強くささにちと飽きて危機か?っというころにでてくる連弾。
ページの絵も美しく、伴奏の和音も豊かで息をふきかえします。
長調短調 様々な拍子 踊り(タンゴ、サンバ、メヌエットハンガリーダンス ワルツ)…など
まあなんていろいろあるんでしょ!

音楽見本市へ行った様な楽しさと

(二巻は)調の性格にぴったんこの名曲てんこもりで、
子供たちは
「容易くはひけないけれど出来たときに嬉しい!」
と、

この本が大好きです。

いまはとんとん沢山進むけれど音楽的にいつまでも上昇して行かれない教本が
多いですが、
エモンツは目指すところがはっきり見えているとおもいます。

初級というのは動物のお母さんのまねっこをして子供がおぼえたり、
出来るようになる為に ならんで音楽できる教材がいちばんですね。
というか 、わたしは子供が大好きでいつも生徒に遊んでもらってますから。


ご注文・お問い合わせは
blog@kamakura-musica.com まで!!

輸入楽譜専門/カマクラムジカホームページは↓↓↓
http://www.kamakura-musica.com




お名前:
メールアドレス:

門間サナヱが厳選する、マニアックな輸入楽譜の情報を無料でお届けさせていただきます。

hantanyannyan

Author:hantanyannyan
楽譜検索人。猫飼育人。映画鑑賞人。
なのでこのブログは、音楽、特に楽譜と猫と映画の事を記して行きます。これぞ!と思う楽譜はどうしても大声で叫んでお知らせしたくなります。音楽が映像と一体化した時の素晴らしさも是非聞いて欲しいのでこれも書かせていただきます。要するに私の好きなことだけ、書かせていただきます。陽気に明るく楽しく過すのが幸せになるコツです。これは猫に学びました。