FC2ブログ
2009 / 05
≪ 2009 / 04 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - - 2009 / 06 ≫

海外から楽譜を輸入すると言う事は楽譜にとってはかなり負担がかかります。
出版社ではきちんと包装したつもりでも
途中の郵便局や、エアポートでの扱いで包装のダンボールが
すっかり破れてしまったり、パッキングが充分でなければ
中で動いて楽譜の端が折れてしまったりと、様々な状態で入ります。
「この状態で良くぞご無事で・・・」などと思わず楽譜につぶやいてしまいます。

しかしエアポートで飛行機からの荷物の出し入れを見ていると
「あ~~!そんな風に扱わないで!」と、
人の荷物でも思わず叫びたくなることが多々ありますよね。

取り扱い注意・貴重品・割れ物
などと書いてもらっても大事に扱ってくれる所は少ない様です。

ヨーロッパからの荷物はシンガポールで積みなおすのか
よくシンガポール経由で来ます。
「これは絶対シンガポールあたりでスコールに遭ってしまったのね」と言う様なことも有りました。
大雨にあってびっしょり濡れた楽譜がその後乾いてくしゃくしゃになった
としか思えない状態でした。

あまりひどい時は出版社に言えば換えてくれます。
しかしちょっと位のことでは換えてもらえません。

大体海外の出版社と言うところは楽譜は読めれば良し!感覚です。
これって何年前に印刷したの?と言うような
お醤油で煮詰めた様に変色した楽譜だって、当然と言う感じで送ってきます。
初めてこんな楽譜を手にした時は、本当にショックでした。

しかし世界中どこを探してもその会社のそれしか
●●作曲の●●と言う曲は出版されていないのなら
それを買うしかないのです。
出版社の強みと言えば強みですが。
完全変色の上に四隅はもろけているなんて言うものもあります。
出版社と、お客様の間に入って右往左往するのがわれわれ販売店です。

近頃はそういう事情をご理解くださるお客様が随分増えました。
皆様ご理解本当に有難うございます。



◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで












♪┃♪┃知┃っ┃て┃得┃す┃る┃楽┃譜┃情┃報┃♪┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
輸入楽譜専門 (株)カマクラムジカ発行       No.204 2009年05月13日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
************************
◇◆◇◆ もくじ ◆◇◆◇
************************
☆楽譜情報
★特別企画『失われたゴドフスキーを求めて』第二弾
Edition diGさんからのご挨拶。
★お願い
☆あなたの一言をぜひ私・門間に
☆ホームページです→http://www.kamakura-musica.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

ゴールデンウイークが終わり、鎌倉にもやっと平穏な日々が戻って来ました。
今年はゴールデンウイークに160万人の人が鎌倉を訪れたそうです。例年のゴー
ルデンウイークはどちらかと言うと空いています。しかし今年は遠出をする人
がグンと減って、鎌倉へ来る人が増えたのだそうです。産業はほとんどなく観
光に頼るしかない鎌倉ですが、不景気だと鎌倉がにぎわうと言うのも皮肉な事
ですね。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
**************
*気になる楽譜*
**************

♪B.ヘラー:5度で楽しく/ピアノソロ             ¥2,200.-
5度音程を使って遊ぶようにピアノをマスターして行けたら・・そんな楽しい
楽譜です。音楽をするとは目の前にある楽譜を弾くだけでなくそこから発展さ
せて初めて音楽をすることになると、作者(作曲者)のヘラーさんは言ってい
ます。
詳しくは→http://hantanyannyan.blog58.fc2.com/blog-entry-66.html
「歌う五度」「メランコリーな五度」「夢見る五度」「上昇する五度」「五度
機械」「詩的な五度」単に五度と言ってもこんなにイメージがあるのですね。

♪スティーブン・ハフ:ソング.トランスクリプションズ/ピアノソロ ¥4,340.-
ハフは「演奏と作曲が切り離せない関係にあった時代があった。現代のピアニ
ストが、より良い音楽家になるためには作曲をしてみることが必要だ」と言っ
ています。リスト、ラフマニノフ、アール.ワイルドと、多くの作曲家が編曲の
魅力を作品として残しています。ハフもこの伝統を継承している一人です。
詳しくは→http://hantanyannyan.blog58.fc2.com/blog-entry-67.html

☆上記で紹介されているアール.ワイルドの作品の一部をご紹介しましょう。
♪ワイルド:フォーレの『夢の後に』によるインプロヴィゼーション/
      ピアノソロ                    ¥3,000.-
♪ワイルド:ヴォカリーズ/ピアノソロ              ¥3,000.-
ワイルドはロマン派最後の巨匠。ラフマニノフの再来とも言われているアメリ
カのピアニストです。1915年生まれですが90歳を過ぎても活動を続けていたそ
うです。ワイルドさんが存命かどうかご存知の方いらっしゃいますか?

♪ステーンハンマル:ピアノソナタト短調(1890)        ¥5,920.-
ステーンハンマルは1871年生まれのスエーデンを代表するピアニスト、作曲家、
指揮者でもある。初期は後期ロマン派の影響を受けていましたが、ニールセン
やシベリウスの影響で北欧風に目覚めました。それ以降彼の音楽は民謡の旋法
に従いスカンジナビア風へと移行して行きます。
この曲を聴いていると、なぜこんなに人気があるのかが分かる様な気がします。
詳しくは→http://hantanyannyan.blog58.fc2.com/blog-entry-68.html

♪フィリップ.グラス:ピアノコレクション            ¥5,160.-
二コール・キッドマンがアカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した「めぐり合
う時間達」から8曲(この音楽良かったですよ~)メタモルフォージス1~5、
3部作のオペラから「浜辺のアインシュタイン」「サチャグラハ」「アクナー
テン」。
グラスはラヴィ.シャンカールとの出会いで多くの影響を受けた。彼の音楽の
特徴的な様式はそんなところから出来上がったのだそうです。

♪リンケ:ベルリンの風(マーチ)/ピアノソロ         ¥1,220.-
ベルリン・フィルハ-モニーのピクニックコンサートの最後で演奏される事で
よく知られています。このコンサートは、ワルトビューネ野外音楽堂で2万人
の聴衆が、普段着で飲み物を飲み、くつろいだ雰囲気で演奏会を楽しみます。
その最後の曲がこの「ベルリンの風」なのです。ウィーン・フィル、ニューイ
ヤーコンサートの「ラデッキー行進曲」に匹敵する曲です。指揮者はすっかり
オーケストラに任せて観客とはしゃいでいても、息のぴったりな演奏が流れる
そうです。
今回ご紹介するものはピアノと歌ですが、この他にはブラスバンド譜、サロン
オーケストラ譜等があります。
詳しくは→http://hantanyannyan.blog58.fc2.com/blog-entry-69.html

♪グレインジャー:岸辺のモリー/バイオリン.ピアノ       ¥1,250.-
グレインジャーは(1882~1961)オーストラリア生まれの作曲家。1907年に古
いアイルランド共和国の舞曲を元にして弦樂四重奏曲を書きました。それがこ
の「岸辺のモリー」です。バイオリンとピアノに編曲したのはクライスラーで
す。この楽譜では冒頭にこの曲の元になった2つのアイリッシュ・メロディが
記載されています。
ところでグレインジャーの挙げる過去の偉大な音楽家はベートーヴェンと、
ディーリアスと、デューク・エリントンだそうです。

♪ステーンハンマル:2つの感傷的なロマンス/バイオリン.ピアノ ¥2,910.-
知る人ぞ知るステーンハンマルでしたが、最近は多くのお問い合わせやご注文
を頂く様になりました。
お問い合わせ・ご注文は(株)カマクラムジカへどうぞ。
電話:0467-24-8766 ファックス:0467-22-9755
e-mail:info@kamakura-musica.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ************************************
*特別企画『失われたゴドフスキーを求めて*
************************************

ゴドフスキー作品集を出版するエディション・ディグこと、黒木と申します。
多くの皆様がこのメルマガを通じて、当方の楽譜をお求めくださり、改めまし
て心よりの御礼を申し上げます。
お陰様で、この作品集の刊行を始めてから、早くも9年が経過致しました。
さて、そもそも、
『あのゴドフスキーの楽譜を専門に出版するEdition diGって…何?』との
思いを今も抱かれる方もいらっしゃることでしょう。
この度、カマクラムジカさんの御協力により、まずは私の自己紹介から、
そして、ゴドフスキーについて積もるお話などさせて頂くことになりました。
ムジカさんの歴史の裏で、失われたゴドフスキーの足跡を辿り続けて約20年。
これまでの執念を燃やした発掘作業から、僅かながら経過の御報告等々…、
話し伝えることには全く不馴れながら、閉じられていたゴドフスキーの扉へと、
精一杯御案内させて頂きたいと思います。
来る7月4日、
横浜市開港記念会館にて、皆様の御来場を心よりお待ち申し上げます。

Edition diG(エディション・ディグ)
「ゴドフスキー・ピアノ作品集」発行者 : 黒木 俊秀

日時:2009年7月4日(土)午後2時より
場所:横浜市開港記念会館 
(みなとみらい線、日本大通り駅より徒歩1分)、会議室7号室
参加費:¥3,500.-

お問い合わせ、お申し込みは?カマクラムジカまでどうぞ。
info@kamakura-musica.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
********************
*ブログを開設しました*
********************

4月になってブログを書き始めました。
特に気になる楽譜、どうしてもお勧めしたい楽譜、絶対聴いてみたい曲等など。
そんな楽譜をお知らせしながら、日々の出来事や感じたことを書いています。
どうしても楽譜の話になってしまうのは、やはり私楽譜がすきなのかも知れない
なんて最近思います。音より紙がすきなのかな~?それより音楽を作る人々が
好きなのかな~?

!)カマクラムジカのブログ
『マニアも納得・輸入楽譜専門店?カマクラムジカ』はこちらです。
http://hantanyannyan.blog58.fc2.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
************************
*♪♪♪ お願い ♪♪♪*
************************

♪ご注文の際は「楽譜情報」の第何号に掲載のものかをご記入下さい。

♪ご注文、お問い合わせのメールには必ずお名前と、件名をご記入下さい。
最近は迷惑メールが増えていますので、件名やお名前のないお問い合わせは、
迷惑メールとして消去してしまうおそれが有ります。

♪ご注文のメールには在庫の有無にかかわらず返信をお送りしています。1週間
経っても返信の無い場合はお手数ですがもう一度お問い合わせ下さい。

♪コンサートのプログラムを組まれる時は楽譜をお手元にしてから組んで下さい
。ご注文いただいた時点でこちらが申し上げる納期は全て順調に来た場合の期間
です。
途中の交通事情(台風等の災害)、版元の在庫(版切れ、絶版等)はこちらでは
予測のつかない事で、その様な場合は当方でも対処の仕様が有りません。
是非、楽譜をお手元にしてからプログラムをお考え下さい。
ご協力よろしくお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ******************************
*あなたの一言をぜひ私・門間に*
******************************

最近は「ブログを見ましたよ」というお声もずいぶん頂くようになりました。
遠くオランダからメールを下さったお客様もおいでです。本当に嬉しいです。
ゴールデンウイークの様子、飼っているウサギさんの様子、観た映画の感想
等、何でも嬉しいです。私のゴールデンウイークは勿論映画三昧でしょう。
皆さんは?
お気軽にちょっと一言をこちらへお寄せ下さい。    
      ↓
info@kamakura-musica.com

何故かというと人間生きてゆくうえで人様とのコミュニケーションがどんなに
大事で、どんなに有り難いかをしみじみと感じているからです。
え?これって歳のせい?

♪*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*♪
このメールは(株)カマクラムジカへお問い合わせを頂いた方、ご注文を頂いた
方にお送りしています。
配信ご不要の方はinfo@kamakura-musica.comへお知らせ下さい。

♪*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*♪
│________________________________________│
│■■│■■■│■■│■■■│■■│
└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘
輸入楽譜専門店 カマクラムジカ 〒248-0003 鎌倉市浄明寺2-1-33
Phone:0467-24-8766 /fax:0467-22-9755
ホームページ:http://www.kamakura-musica.com
メールアドレス:info@kamakura-musica.com
♪*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*♪



私の音楽映画初体験といえば、
いつの頃だろう?良く両親に連れられて洋画を観にいった。
大抵はサンメイドの小さな干し葡萄を一箱買ってもらい
おとなしく親の傍で寝てしまっていた。

しかし「オーケストラの少女」を観たときは違った。
芽はランランと輝き、あの優しそうな指揮者のおじさんとストコフスキーです)、
綺麗な声で歌う美しい少女にすっかり魅せられてしまった。

ストーリーはお決まりの成功話です。
しかし、オーケストラの奏でる音楽と、トラヴィアータを歌う少女の声の
素晴らしさ、みんなが幸せになるストーリーとくれば、
先ず憧れない女の子はいないでしょう。


この映画は封切りが1937年だそうですから、
戦前の映画ですね。
幾らなんでも私もまだ生まれてはいませんでしたが・・・・

そんな訳で私が生まれて初めて知った指揮者は
レオポルト・ストコフスキーさんです。

ストコフスキーが編曲した楽譜はアメリカのBroud Brothers 社から
出版されています。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで


私の音楽映画初体験といえば、
いつの頃だろう?良く両親に連れられて洋画を観にいった。
大抵はサンメイドの小さな干し葡萄を一箱買ってもらい
おとなしく親の傍で寝てしまっていた。

しかし「オーケストラの少女」を観たときは違った。
芽はランランと輝き、あの優しそうな指揮者のおじさんと(ストコフスキーです)、
綺麗な声で歌う美しい少女にすっかり魅せられてしまった。
ストーリーはお決まりの成功話です。
しかし、オーケストラの奏でる音楽と、トラヴィアータを歌う少女の声の
素晴らしさ、みんなが幸せになるストーリーとくれば、
先ず憧れない女の子はいないでしょう。

この映画は封切りが1937年だそうですから、
戦前の映画ですね。
幾らなんでも私もまだ生まれてはいませんでしたが・・・・


そんな訳で私が生まれて初めて知った指揮者は
レオポルト・ストコフスキーさんです。

ストコフスキーが編曲したものは(バッハが多いですが)アメリカの
Broud Brothers社が出版しています。

◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで




この映画でもバイオリンを担当しているのはジョシュア・ベル。
ちょっとミステリアスなこのバイオリンの辿る運命に
ジョシュア・ベルの演奏がとてもマッチしています。

音楽映画というより、ミステリー映画といったほうが
ぴったりかも知れません。
勿論映画を彩るバイオリン演奏が無かったら全く面白さも
半減してしまうでしょう。
音楽はなんと言っても巨匠コリリアーノですから

彼の音楽が、この映画のかもし出す不思議な雰囲気を
さらに盛り上げています。

何世紀もに渡って辿るバイオリンの運命。
それはそのバイオリンが作られたときの秘密にあるのです。
な~~んて言うと、ね、観たくなるでしょ。
是非観てください。
とにかくジョシュア・ベルのバイオリンが良いです。

パガニーニの部分で彼は二人羽織よろしく二人バイオリンを
演じたそうです。

最後の最後がまた凄い。
何故サミュエル・L・ジャクソンがこんな所に・・・と思ったら
やはり。彼がそこに居る秘密が最後の最後に分かります。


あまりメジャーでなかったレッド・バイオリンですが
思い出すほどに面白い映画だと思います。
もう一度観なくっちゃ!
これも数少ない音楽が楽譜になっている映画です。
(メジャーでもないのに)


コリリアーノコリリアーノ2



◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで



この映画でもバイオリンを担当しているのはジョシュア・ベル
ちょっとミステリアスなこのバイオリンの辿る運命に
ジョシュア・ベルの演奏がとてもマッチしています。

音楽映画というより、ミステリー映画といったほうが
ぴったりかも知れません。
勿論映画を彩るバイオリン演奏が無かったら全く面白さも
半減してしまうでしょう。
音楽はなんと言っても巨匠コリリアーノですから。
彼の音楽が、この映画のかもし出す不思議な雰囲気を
さらに盛り上げています。

何世紀もに渡って辿るバイオリンの運命。
それはそのバイオリンが作られたときの秘密にあるのです。
な~~んて言うと、ね、観たくなるでしょ。
是非観てください。
とにかくジョシュア・ベルのバイオリンが良いです。

パガニーニの部分で彼は二人羽織よろしく二人バイオリンを
演じたそうです。

最後の最後がまた凄い。
何故サミュエル・L・ジャクソンがこんな所に・・・と思ったら
やはり。彼がそこに居る秘密が最後の最後に分かります。

あまりメジャーでなかったレッド・バイオリンですが
思い出すほどに面白い映画だと思います。
もう一度観なくっちゃ!

これも数少ない音楽が楽譜になっている映画です。
(メジャーでもないのに)

◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで


ラベンダーの咲く庭で
何年か前に記憶喪失の青年がドイツだかの海に流れ着いた。
彼はピアノをとても上手く弾く・・・こんなニュースが世界を賑わせた事が
有りました。

それと前後してこの映画「ラベンダーの咲く庭で」が封切られ、
これはプロモーションのための作り話ではないか等の説もありましたね。
しかし全く関係の無い話しだったようです。

さて、この「ラベンダーの咲く庭で」これは私の好きな二大女優が主演です。
マギー・スミスとジュディ・ディンチが浜に流れ着いた青年に
寄せる心がとても良い。
結局彼は才能を見出され、二人を後にロンドンへ行ってしまう。
二人はロンドンのコンサートに出かけるが、
そこでの二人の振る舞いが私の心に残りました。

彼の傍へ行って彼に声を掛けたい、
しかし彼を取り巻く人々を押しのけてまでしゃしゃり出る事をせず
彼の成功を見届けただけで
寂しい心と、彼の成功を心から喜ぶ心を抱いたまま
ロンドンを後にする。

なんて素敵な老婦人達!
音楽担当はイギリス人作曲家・指揮者のナイジェル・ヘス
映画の中で流れるバイオリンはジョシュア・ベルが担当しています。
彼は映画「レッド・バイオリン」でもバイオリンを弾いています。

さて、バイオリン譜はありませんが
この映画のテーマとなる部分はピアノ譜として売られています。span>

◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで




ラベンダーの咲く庭で

何年か前に記憶喪失の青年がドイツだかの海に流れ着いた。
彼はピアノをとても上手く弾く・・・こんなニュースが世界を賑わせた事が
有りました。

それと前後してこの映画「ラベンダーの咲く庭で」が封切られ、
これはプロモーションのための作り話ではないか等の説もありましたね。
しかし全く関係の無い話しだったようです。

さて、この「ラベンダーの咲く庭で」
これは私の好きな二大女優が主演です。
マギー・スミスとジュディ・ディンチが浜に流れ着いた青年に
寄せる心がとても良い。
結局彼は才能を見出され、二人を後にロンドンへ行ってしまう。
二人はロンドンのコンサートに出かけるが、
そこでの二人の振る舞いが私の心に残りました。

彼の傍へ行って彼に声を掛けたい、
しかし彼を取り巻く人々を押しのけてまでしゃしゃり出る事をせず
彼の成功を見届けただけで
寂しい心と、彼の成功を心から喜ぶ心を抱いたまま
ロンドンを後にする。


なんて素敵な老婦人達!

音楽担当はイギリス人作曲家・指揮者のナイジェル・ヘス
映画の中で流れるバイオリンはジョシュア・ベルが担当しています。
彼は映画「レッド・バイオリン」でもバイオリンを弾いています。

◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで


何年か前に記憶喪失の青年がドイツだかの海に流れ着いた。
彼はピアノをとても上手く弾く・・・こんなニュースが世界を賑わせた事が
有りました。

それと前後してこの映画「ラベンダーの咲く庭で」が封切られ、
これはプロモーションのための作り話ではないか等の説もありましたね。
しかし全く関係の無い話しだったようです。

さて、この「ラベンダーの咲く庭で」
これは私の好きな二大女優が主演です。
マギー・スミスとジュディ・ディンチが浜に流れ着いた青年に
寄せる心がとても良い。
結局彼は才能を見出され、二人を後にロンドンへ行ってしまう。
二人はロンドンのコンサートに出かけるが、
そこでの二人の振る舞いが私の心に残りました。

彼の傍へ行って彼に声を掛けたい、
しかし彼を取り巻く人々を押しのけてまでしゃしゃり出る事をせず
彼の成功を見届けただけで
寂しい心と、彼の成功を心から喜ぶ心を抱いたまま
ロンドンを後にする。

なんて素敵な老婦人達!


音楽担当はイギリス人作曲家・指揮者のナイジェル・ヘス、
映画の中で流れるバイオリンはジョシュア・ベルが担当しています。
彼は映画「レッド・バイオリン」でもバイオリンを弾いています。


さて、バイオリン譜と共に
この映画のテーマとなる部分はピアノ譜として売られています。

◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで




この曲はベルリン・フィルハ-モニーのピクニックコンサート
最後で演奏される事でよく知られています。リンケのオペレッタ「ルナ婦人」からの曲です。



このピクニック・コンサートは、ワルトビューネ野外音楽堂で2万人
の聴衆が、普段着で飲み物を飲み、線香花火でリズムを取り、
くつろいだ雰囲気で演奏会を楽しみます。
その最後の曲がこの「ベルリンの風」なのです。
ウィーン・フィル、ニューイヤーコンサートの
「ラデッキー行進曲」に匹敵する曲です。指揮者はすっかりオーケストラに
任せて観客とはしゃいでいても、息ぴったりの演奏が流れるそうです。

リンケは1866年ベルリンに生まれました。
第二次世界大戦中はユダヤ人音楽家を追放したナチス
ベルリン生まれということでプロパガンダに利用され、
そんな事で戦後は立場が悪くなったそうです。

彼は1946年9月、とうとうベルリンには帰れないまま
避難先のハーネンクレーで生涯を閉じました。
1950年代になってやっと彼を顕彰するする動きが出始めました。
それはたとえば彼の名を冠した環状道路だったり運河沿いの一部が
リンケ河岸と呼ばれたり、没後10周年には記念切手も出来たとか

リンケなしではベルリンっ子もさびしい思いをすることでしょう。


この曲の楽譜はピアノと歌の他に
ブラスバンド用
サロンオーケストラ用
オーケストラ用
とあります。
(サロンオーケストラ用もオーケストラ用もスコアはピアノコンダクタースコアです)


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで


ステーンハンマル
1871年生まれのスエーデンを代表するピアニストであり、
作曲家であり、指揮者でもある。
11歳でピアニストとしてデビュー。25歳で指揮者としてデビュー。
それ以来ほとんどの活動が指揮者としての活動だった。

初期はベートーヴェン、ワーグナー、ブルックナー、ブラームス等
ロマン派の影響を受けていたが、ニールセンやシベリウスの影響で
北欧風に目覚め、それ以降彼の音楽は民謡の旋法に従い
スカンジナビア風へと移行して行く。

この曲を聴いていると、なぜこんなに人気があるのかが分かる
様な気がします。
ロマンチックなのにベタベタしていない。
メロディーにぐんぐん惹きつけられる。


知る人ぞ知るという作曲家でしたが今ではかなり有名に
なって来ました。
楽譜のお問い合わせも随分増えてきました。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで

ハフ自身がこの作品にこのような解説を書いています。


歌曲の編曲は一人のピアニストに「歌い手と伴奏者」と言う二役を与えてくれる。
今までに書かれたもっとも美しいと思われる選りすぐりの旋律を与えられることで
自分の思いと技術を自由に結びつける事ができる。

ここでは歌の旋律は人間の声の音域をはるかに越えて歌い上げ、
ピアノの伴奏は複雑に絡み合った豪華な織物のように音を駆使して
大胆不敵に織り上げている。

「歌の旋律を取り入れながら歌い手を置き去りにする」と言うこの誘惑は
リストからラフマニノフを経てアール・ワイルドにいたる多くの
コンポーザー・ピアニストにとって魅力的なものである。

この曲集はこういった伝統を引き継ぐように力を注ぎ、このインパクトのある
楽器によって歌の旋律を魅惑的なオールドミスのように説得力あるものに
変身させた。



難しい解説ですね~。しかし言いたいことは分かります。
ハフは編曲にすっかり魅了されてこのソング・トランスクリプションズを
つくりあげたのでしょう。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで

五度音程で遊ぶように楽しくピアノを学ぶことが出来ます。
まずはこの本の作者(作曲者バーバラ・ヘラーさんからのメッセージを読んでください。

**********************************************************************

私たちは普通音楽を演奏するとき、目の前にある楽譜どおり正確に演奏しようとします。
既に完璧に作曲された音楽の仲立ちをしているわけです。

しかし過去何世紀もの間“音楽を作る”と言うことは単に楽器で演奏すると言うだけではなく
即興演奏をしたり作曲することも含まれていました。
“Playing Fifth”はこの両面から構成されています。

タイトルが示しているように、ここでは“Playing 演奏する”は新しいやり方を考え実験しながら
音楽に近寄っていくべきだと言う意味も含まれています。
この本の中のそれぞれの曲を好きなように変えてもいいし、その曲を使って自分なりの独特の
曲を作り上げてもいいのです。

この本を使うことであなた達の中に自分にしか出来ない独自の音楽の世界を発見し、
それを発展させ、他の人達にも聴かせたいと思うようになってもらえればとても嬉しく
思います。

演奏するときはいつでも少し違った音楽をやってみようと言う自由な発想を持って欲しいと
思います。
だって、誰でも、毎日、いつでも同じように感じるわけではないのですから。

********************************************************************

どんな風に五度音程で学ぶのか(遊ぶのか)は
『知って得する楽譜情報 No.204』をご覧下さい。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで

改めて映画と言うのもにはまったのが
『グリーン・デスティニー』を観てから。

その映像の美しさ、アングルの素晴らしさに圧倒された。
ファンタジー・アトラクションと言われているだけあって、
ストーリはどうでもよかった。

しかしその圧倒的な映像美をより強烈に印象付けたのが
タンドゥンの音楽
パーカッションの強烈な連打や、ヨーヨーマのチェロ
が次々にこれでもかと言うほどに繰り広げられる。

音楽がこれほど映像を盛り上げ、
観る側をどんどんその世界へ引っ張って行くという事を
それまで知らなかった。気が付かなかったというべきか。
音楽の力を改めて思い知らされた。

それ以来私は映画にはまってしまったのです。
多い年で150本程。
少ない年で50本位かな~。

好きな映画は数え切れないほどあるけれど
音楽が特に印象に残っているのは
『ジョン・Q』
わが憧れのデンゼル・ワシントンは全くミス・キャストだったけれど。
始まりの音楽が素晴らしい。

その音楽がこれから何が起こるのか、
それがどんなストーリー展開をするのか、
そんな事を現している。
単純な出だしにもかかわらず
そのアヴェマリアのメロディの美しさに、観る側は心を奪われてしまう。
(考えてみるとこれもチェロだったワ)
私映画の中のチェロの音に弱いのかな~?


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで





『ロックユー』

物語は中世なのに流れている音楽はロック。
これが映画『ロックユー』

貧しい家に生まれたウィリアムが、
急死した主人になりすまして馬上槍試合に出場する・・・・。
今は亡きヒース・レジャーが主演です。

日本ではあまりヒットしなかったこの映画、
ヒース・レジャ-がとても良かった。
馬上槍試合に流れるQueenのWe Will Rock You
現代のロック音楽にもかかわらず
中世と言う時代の観衆が、このロック音楽に合わせて
歌い、立ち上がり、応援する。
それがあまりにも違和感無く繰り広げられるので
一瞬自分の勘違いかと思う程。
音楽と言い、衣装と言い、
時代を意識しながら現代と中世を上手く調和させている所が
この映画の楽しい所であり素敵な所。

この映画の見せ場は槍試合と言われているけれど
私は幼くして別れた父親と再会する所に心打たれたな~。

それにしてもヒース・レジャー、格好良過ぎ!
惜しい俳優さんを亡くしたものです。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで


《フランツ・ワクスマン》

どちらかと言うとクラシック作曲家というより
映画音楽の作曲家という方が有名です。

彼の手がけた映画はたとえばヒチコックの「断崖」や「レベッカ」。
「ジキル博士とハイド氏」、「サンセット大通り」、
「陽のあたる場所」、「昼下がりの情事」、「尼僧物語」
など
枚挙にいとまが無い程。
つまり彼は音楽の内容と映画上の物語を繋ぐことに焦点を置いて
作曲する数少ない作曲家だったらしいです。

そんなワックスマンですが
純然たるクラシック曲もいくつか作曲しています。
その中でも特に有名なのが
カルメン幻想曲。
ある時期問い合わせが殺到しました。
今でも時々あります。
しかしこの楽譜、普通に売っていないのです。
ワックスマンの関係者(Relations)が
版権を持っていて、
そこに頼まないと出してくれない。

しかも超高値。
最初に頼んだ時には本当にびっくりしました。
価格もさることながら
楽譜が値段とあまりにも見合わない。
その頃で一万円位だったでしょうか。

しかしその楽譜たるや、
コピーしたものをセロテープで閉じてある。
一瞬「冗談よね?」と思ってしまいました。
要するにそんな綴じ方でも
そこでしか買えないのです。
だから売るほうは全く困らない。

その後も何度か頼みましたが、
そのつど値上がりをしてくる(足元を見られている気がしますね)
楽譜の閉じ方が以前よりはマシになったところが
ちょっと救われるかな?

それにしても高すぎるよ~~~!
前回の入荷時で3万近くだった様な....

だからこの楽譜は在庫では勿論置きません。


ちなみにこのカルメンファンタジーはハイフェッツのために
作曲されたものです。




ご注文・問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで

◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカ◆
http://www.kamakura-musica.com


学校時代の友人はティオムキンのことなど全く知らないだろう。
なんせ純粋のクラシックでなければ音楽ではないなんて
思っている人たちだ。

しかし私は母親から黒人霊歌のレコードを聴かされ、
兄は私にグリーングラスや中南米音楽
を吹き込んだ。
それらの音楽に浸かりながら育ったわけで、
やれモーツアルトだベートーベンだなどと言い出したのは
友人達よりずっと後のことだ。

さて、このティオムキンさん。
ウクライナ生まれでサンクトペテルブルグ音楽院出身。
めっちゃクラシックの人だったのですね。
その後アメリカに渡り、アンビリーバボーな程
多くの映画音楽を作った人です。
先のワックスマンと並び称されていますね。

私の知っているだけでも「真昼の決闘」「OK牧場の決斗」「ジャイアンツ」
「アラモ」「リオブラボー」「友情ある説得」等々。
今をときめくクリント・イーストウッドが初々しい青年役で出ていた
あのTVドラマ「ローハイド」の音楽もティオムキンさんだったのです。

「アラモ」では父親が娘に向かって歌う
♪オォ!リサ~、可愛いリサ~♪と言う歌が大好きです。
あのアラモの最後を思うとこの歌が切なく聞こえます。

リオブラボーでは酒びたりのディーン・マーティンが歌う
「ライフルと愛馬」なんて最高!

と言うわけで、ディミトリー・ティオムキンさんは
私の初期音楽教育係のような人でした。
彼がいなかったらアメリカ映画の歴史も随分と違ったものになったでしょう。
多作で秀作。ティオムキンさんってそんな人だったと思います。

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで

◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカ◆
http://www.kamakura-musica.com





**********************************
*特別企画『失われたゴドフスキーを求めて*
**********************************

アメリカでもなくロシアでもない、この日本でゴドフスキーに関する
研究を続けている人がいます。
ゴドフスキーに関しては世界一といっても過言ではないでしょう。

♪ゴドフスキーの何がそんなに彼を動かしたのか?
♪ただゴドフスキーを研究するだけでなく何故出版なのか?
♪どうやって失われた楽譜を探せたのか?
♪ゴドフスキーが初めて日本へ来たのはいつ?
 何を弾いたの
♪何故ゴドフスキーなのか?


そんなことを聞いて見たいと思いませんか?

美しく装丁され、よみがえったゴドフスキーの楽譜を手に
それらをどうしても聞いてみたくなったのは私一人ではないと思います。

そこでEdition diGの黒木氏にお願いをしました。
ゴドフスキーに関する様々な事、ゴドフスキーの音楽に関する
様々なこと、楽譜に関する事、演奏に関する事。
又黒木氏がどうしてそこまでゴドフスキーにのめりこんでしまったのか、
日頃知りたいと思っていることをたっぷり伺いたいと思います。

ゴドフスキーに関する講演はおそらく日本では今回が初めて
ことと思いますので、是非沢山の方のご参加をお待ちしております。

日時:2009年7月4日(土)午後2時より
場所:横浜市開港記念会館 
(みなとみらい線、日本大通り駅より徒歩1分)、会議室7号室


詳細は順次メルマガでお知らせして行きます。
    ↓
http://hantanyannyan.blog58.fc2.com/blog-category-4.html

◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで



**********************************
*特別企画『失われたゴドフスキーを求めて*
**********************************

アメリカでもなくロシアでもない、この日本でゴドフスキーに関する
研究を続けている人がいます。
ゴドフスキーに関しては世界一といっても過言ではないでしょう。

♪何故ゴドフスキーなのか?
♪ゴドフスキーの何がそんなに彼を動かしたのか?
♪ただゴドフスキーを研究するだけでなく何故出版なのか?
♪どうやって失われた楽譜を探せたのか?
♪ゴドフスキーが初めて日本へ来たのはいつ?何を弾いたの?

そんなことを聞いて見たいと思いませんか?

美しく装丁され、よみがえったゴドフスキーの楽譜を手に
それらをどうしても聞いてみたくなったのは私一人ではないと思います。

そこでEdition diGの黒木氏にお願いをしました。
ゴドフスキーに関する様々な事、ゴドフスキーの音楽に関する
様々なこと、楽譜に関する事、演奏に関する事。
又黒木氏がどうしてそこまでゴドフスキーにのめりこんでしまったのか、
日頃知りたいと思っていることをたっぷり伺いたいと思います。

ゴドフスキーに関する講演はおそらく日本では今回が初めて
ことと思いますので、是非沢山の方のご参加をお待ちしております。

日時:2009年7月4日(土)午後2時より
場所:横浜市開港記念会館 
(みなとみらい線、日本大通り駅より徒歩1分)、会議室7号室


http://www.kamakura-musica.com
blog@kamakura-musica.com




♪┃♪┃知┃っ┃て┃得┃す┃る┃楽┃譜┃情┃報┃♪┃♪┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
輸入楽譜専門 (株)カマクラムジカ発行       No.203 2009年05月02日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
************************
◇◆◇◆ もくじ ◆◇◆◇
************************
☆楽譜情報
★特別企画『失われたゴドフスキーを求めて』
★お願い
☆あなたの一言をぜひ私・門間に
☆ホームページです→http://www.kamakura-musica.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

いよいよゴールデンウイークですね。世界的によからぬ病気がはやり始めている
し、景気はなかなか回復しないし。こんな時は近場でよい空気を一杯吸って、の
んびりするのが一番かも知れません。さて、?カマクラムジカもゴールデンウイ
ークはお休みさせて頂きます。その間のご注文はメール、あるいはファックスで
お送り下さい。休み明けにはご連絡をいたします。どうぞ宜しくお願いいたしま
す。それでは素敵な休日を!

!)カマクラムジカの休業日 5月3日(日)~5月6日(水)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
************
*売れてます*
************
★定番ベストセラーです。

♪ミルシュテイン:三つの編曲集/バイオリン・ピアノ       ¥2,190.-

ミルシュテインは1903年生まれのロシアのバイオリニストです。最初は練習を嫌
っていたようですね。12歳でやっとバイオリンを弾くことに興味を持ち始めたと
書いています。彼は18歳でV.ホロヴィッツと出会い、沢山のコンサートをしま
した。その後イザイに出会いイザイをして「私が教えることは何も無い」と言わ
せたとか。86歳で転んで腕を折るまで演奏活動を続けたそうです。その後は編曲
に携わったとか。凄い人ですね~。

この編曲集はショパンのノクターン(遺作)、チャイコフスキーの子守唄、リス
トのコンソレーションの3曲が入っています。


♪エモンツ:ヨーロピアン・ピアノ・メソード/ピアノ
 ?¥2,720.- ?¥3,080.- ?¥2,790.-

小さいお弟子さんをいかに音楽好きにするか・・・お悩みの先生に朗報です。  
その秘密をご存知の先生はこの本を上手にお使いです。
このシリーズのよさをとことん知り尽くし大いにご活用のW先生にこのメソード
の良さを語っていただきました。こちらをご覧下さい。小さいお弟子さんをお
持ちの先生に絶対お勧めです。   ↓
http://hantanyannyan.blog58.fc2.com/blog-entry-46.html


♪エモンツ:レッツ・プレイ・デュエッツ/ピアノ連弾       ¥2,290.-

同じシリーズの連弾版です。


♪ラビニャック:ギャロップ・マーチ/ピアノ1台8手        ¥2,600.-

この曲の面白さは、曲のみならずパフォーマンスの面白さをも演出できる所
でしょう。コンサートで話題を取ること請け合い。
既にお持ちのあなた!こんな風に使ってみて下さい。
こちらをご覧下さい。すぐにでも聴衆の前で弾いて見たくなりますよ。
    ↓
http://hantanyannyan.blog58.fc2.com/blog-entry-3.html


♪バーンスタイン:ウエストサイド・セレクション/ピアノ連弾   ¥2,590.-
もう怖くない!これ一冊あればウエストサイドのリクエストに確実に応えられ
ます。曲目など詳しい内容はこちらを参照してください。
     ↓
http://hantanyannyan.blog58.fc2.com/blog-entry-23.html


♪モーツアルト・ジャズに挑戦!/ピアノソロ           ¥2,090.-

もしモーツアルトが今の世の中でどれだけたくさんのアイネクライネやトルコ
行進曲が演奏されているかを知ったら、絶対にヴァリエーションを付け加えた
だろうし、スパイスを効かせたジャズのコードを加えたに違いない。いづれに
しても彼はすごく喜んでこの本をめくったと思うよ。
願わくばクラシックのピアニストにもジャズファンにも楽しんでもらいたいネ。
君の自由なテイストを加えてね。-J.B.Kleeb
  
**********
*これは?*
**********

♪C.McDowall:Shuffle by the Seaside/フルート・アンサンブル  ¥2,620.-
編成:2ピッコロ、4フルート in C

♪J.シュトラウス/グルンフェルド:ウイーンの夜会 Op.56(こうもりより)
                       /ピアノソロ  ¥2,890.-
グルンフェルドはチェコ生まれのオーストラリアのピアニスト。この編曲は
彼の代表的な作品です。

♪ベートーベン:エリーゼの為に/ピアノ連弾          ¥1,420.-

超簡単な連弾もありますが、これは原譜に近いです。

 **********
*これだ!*
**********

★段々この欄にファンが増えて来ました。超お買い得欄です。お早めに。

すごいです!先週分は完売しました。
こちらは冊数がほとんどありませんので、お目に留まったら即ご注文下さい。
早い者勝ちなのです。
それでも無駄にするよりずっと良いのでお知らせをして行きます。

♪おさげ髪のド・レ・ミ/ピアノソロ             ¥500.-
幼い日に弾いた曲の数々、バッハのメヌエット、パーセルのリゴードン、
ヘンデルのクーラント等。かわいくて、綺麗で懐かしい曲の数々。これは
ホッとしたい時にちょっと弾いたり、かわいい女の子に弾いてもらうのも
良いですね。

♪マライア・キャリーのWithout You/歌・ピアノ        ¥100.-
送料の方が高くついてしまいますね。
マライア・キャリーが超音波のような高音で、♪アイ・キャント・リ~~ブと
熱唱するサビがあまりにも有名なこの曲。オリジナルはイギリスのロック
グループ“バッドフィンガー”だそうです。

♪A.F.ヘッセ:ゴッド・セーブ・ザ・キング変奏曲/オルガン   ¥500.-

♪フランク:オルガニスト第4巻/オルガン            ¥500.-

♪古い作曲家の曲集:オルガン                 ¥500.-

お問い合わせ・ご注文は(株)カマクラムジカへどうぞ。
電話:0467-24-8766 ファックス:0467-22-9755
e-mail:info@kamakura-musica.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ****************************************
*特別企画『失われたゴドフスキーを求めて*
****************************************
メルマガの新年特別増刊号でも予告いたしましたが、ゴドフスキー作品を出版
し続けるEdition diGの黒木氏に、長年かかわり続けてこられたゴドフスキーに
ついて、じっくりと語っていただくことになりました。
ゴドフスキーに関する講演は、おそらく今回が始めてのこととおもわれますの
で、どんなお話が飛び出すのか、どうぞご期待下さい。
黒木氏よりコメントを寄せて頂くことになっていますので(次号掲載予定)、
それと合わせまして、詳細はこのメルマガ上で追ってご案内致します。

日時:2009年7月4日(土)午後2時より
場所:横浜市開港記念会館 
(みなとみらい線、日本大通り駅より徒歩1分)、会議室7号室

お問い合わせ、お申し込みは?カマクラムジカまでどうぞ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
**********************
*ブログを開設しました*
**********************
4月になってブログを書き始めました。
特に気になる楽譜、どうしてもお勧めしたい楽譜、絶対聴いてみたい曲等など。
そんな楽譜をお知らせしながら、日々の出来事や感じたことを書いています。
どうしても楽譜の話になってしまうのは、やはり私楽譜がすきなのかも知れない
なんて最近思います。音より紙がすきなのかな~?それより音楽を作る人々が
好きなのかな~?

!)カマクラムジカのブログ
『マニアも納得・輸入楽譜専門店?カマクラムジカ』はこちらです。
http://hantanyannyan.blog58.fc2.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
************************
*♪♪♪ お願い ♪♪♪*
************************
♪ご注文の際は「楽譜情報」の第何号に掲載のものかをご記入下さい。

♪ご注文、お問い合わせのメールには必ずお名前と、件名をご記入下さい。
最近は迷惑メールが増えていますので、件名やお名前のないお問い合わせは、
迷惑メールとして消去してしまうおそれが有ります。

♪ご注文のメールには在庫の有無にかかわらず返信をお送りしています。1週間
経っても返信の無い場合はお手数ですがもう一度お問い合わせ下さい。

♪コンサートのプログラムを組まれる時は楽譜をお手元にしてから組んで下さい
。ご注文いただいた時点でこちらが申し上げる納期は全て順調に来た場合の期間
です。
途中の交通事情(台風等の災害)、版元の在庫(版切れ、絶版等)はこちらでは
予測のつかない事で、その様な場合は当方でも対処の仕様が有りません。
是非、楽譜をお手元にしてからプログラムをお考え下さい。

ご協力よろしくお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ******************************
*あなたの一言をぜひ私・門間に*
******************************
最近は「ブログを見ましたよ」というお声もずいぶん頂くようになりました。
遠くオランダからメールを下さったお客様もおいでです。本当に嬉しいです。
ゴールデンウイークの様子、飼っているウサギさんの様子、観た映画の感想
等、何でも嬉しいです。私のゴールデンウイークは勿論映画三昧でしょう。
皆さんは?

お気軽にちょっと一言をこちらへお寄せ下さい。
     ↓
info@kamakura-musica.com
何故かというと人間生きてゆくうえで人様とのコミュニケーションがどんなに
大事で、どんなに有り難いかをしみじみと感じているからです。
え?これって歳のせい?

♪*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*♪

このメールは(株)カマクラムジカへお問い合わせを頂いた方、ご注文を頂いた
方にお送りしています。
配信ご不要の方はinfo@kamakura-musica.comへお知らせ下さい。



♪*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*♪
│________________________________________│
│■■│■■■│■■│■■■│■■│
└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘
輸入楽譜専門店 カマクラムジカ 〒248-0003 鎌倉市浄明寺2-1-33
Phone:0467-24-8766 /fax:0467-22-9755
ホームページ:http://www.kamakura-musica.com
メールアドレス:info@kamakura-musica.com
♪*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*♪




F.A.Eソナタはロベルト・シューマンが友人アルベルト・ディートリヒと
ヨハネス・ブラームス
とともに作曲したヴァイオリンソナタ。
3人の共通の友人であるヴァイオリニストのヨーゼフ・ヨアヒムに献呈されました。
曲名のF.A.E.とはヨアヒムのモットーである「自由だが孤独に」(Frei aber einsam)
頭文字をとったもので、ドイツ音名のF・A・Eはそれぞれイタリア音名のファ・ラ・ミに対応し、
これがこの曲の重要なモチーフとなっています。

シューマンは好んでこのような曲の作り方をしていますね。
たとえばピアノ曲の『謝肉祭』や『アベッグ変奏曲』等で見られます。

この曲はそれぞれの作曲家の部分だけを楽譜にしたものが多いですが
ここにご紹介するものは3人の部分全てを一冊に納めた全曲版です。    
      ↓
http://www.kamakura-musica.com/shopdetail/005002000001/brandname/



ご注文・問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで

◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカ◆
http://www.kamakura-musica.com









実は私、人見知りなんです。
しかし音楽をしている人って私以上に人見知りな人が多いようです。
ある音楽祭に楽譜屋として参加した時、
私はどうしてよいか分からず、近寄ってきた中学生に話しかけました。
(実はわらにでもすがりたかった)

楽譜を紹介しながら、その中学生を傍に置き
(と言うより彼に居てもらった)
そこを通りかかる人に声を掛けました。
(一人でも傍に居てくれると心強いです)

そこで何日か過ごす内に、
ひょっとしてその音楽祭に参加している人達も
実は人見知りなのではないかと気が付きました。
なぜなら皆が私を頼りに寄ってきている様なのです。

グループで参加している人もいるけれど、
たった一人で参加している人も沢山居ました。
そういう人たちはとりあえず、そこら辺で楽譜を売っているこの人に
くっついていればいいや、この人と話していれば間が持てる。
そんな風にして来てくれるのです。

そうか!自分の人見知りをもて余していたらいけないんだ。
私は誰でもきてくださ~~い。
私がお相手をしますよ~~~と、そういう人にならなければ
ここへ来た意味がないじゃないかと、やっと気が付きました。

主催者でもなく、参加者でもなく、しかし皆の話し相手になる。
そうして様々な人と知り合い、楽譜の話をして、場をつなぐ。

その音楽祭には2度ほど参加しましたが、
そのとき知り合った人たちとはその後大きな繋がりが出来ました。
未だに私が追っかけをしているデュオや、
全く個人的にお付き合いをするようになったSさん、Kさん。

なんと中学生だったY君、今ではすっかり大人になって
指揮で大活躍をしています。
Y君あの時は有難うね。
君のお陰で本当に助かった!


音楽家のみなさ~~ん、私も人見知りだけれど
それ以上に人見知りな皆さんを応援してますよ~~!
人の輪になかなか入れない人の気持ちが良く分かります。
だから私を見かけたらいつでもお声を掛けてくださいね。
人見知りってネ、逆に声を掛けられたら幾らでも話せるんです。



ご注文・問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで

◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカ◆
http://www.kamakura-musica.com







ラテンパーカッション・ワークショップ
ここでお伝えしたのがほんの2日前。
今日は既に満員と言うメールが入りました。

凄い!

横山さんの人気か、はたまたラテンパーカッションの人気か。
やっぱりラテンというのは心もウキウキ
身体もじっとはしていられない物ですものね。
あ~~18日が楽しみだ。

横山さんという人はラテンそのものの明るい人なので
きっと楽しいワークショップになる事でしょう。
今回「どうしよう・・・」なんて考えて出遅れてしまったあなた!
次回はお知らせしたらすぐに飛びついてくださいね
きっと楽しいから。
絶対楽しいから。
私がお約束します。


ご注文・問い合わせは
blog@kamakura-musica.com
まで

◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカ◆
http://www.kamakura-musica.com



あまりにも革新的で
その時代が彼について行かれなかった作曲家。
エリック・サティ
あるときは突拍子も無く、あるときは超現代的、
あるときは誰にでも受け入れられる綺麗なメロディを作り、
驚くような題名をつける・・・
そんなサティをその時代の人はなかなか受け入れなかったようです。

後の印象主義のドビュッシーやラヴェル
サティの凄さを理解していたようです。
彼を敬愛し、彼から多くの影響を受けています。

そんなサティはある時期生活のためにカフェ・コンセール用の
音楽をいくつか作りました。
その中でも特に有名なのがこの、
「あなたが欲しい」(ジュ・トゥ・ヴー)です。
TVコマーシャルにも沢山使われているので
今では随分ポピュラーになりました。
流れるような心地よいメロディですね。

もともとは花形シャンソン歌手
ポーレット・ダルティのために書かれた曲ですが、
あまりにも有名になり、
なんと男性用の歌詞も作られました。
これはとても珍しい事です。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
blog@kamakura-musica.com まで




そういえば、ジャズのライブなんて随分行っていなかっなぁ。
と言うより、頭の中からすっかり抜けてしまっていた。
その日だって、
「一緒に行こう!」と電話が無ければ、そのまま仕事を続けて
寝てしまっただろう。

一人で夕飯を済ませ、ちょっとゆっくりしていた所へ電話があった。
「今時間が有ったら、一緒にライブへ行かない?」
頭がくるくると回転し、
“しなくてはならない事は山ほどある、しかし
すっかり足の遠のいたライブを聴きに行くのは
とても素敵なことじゃないか行け!行け”と
私の中の何かが囁いている。

ジャズピアノのトリオにラテン・パーカッションが加わり、
目的はこのラテンパーカッションだったのだが、
久しぶりに聴いたジャズピアノにすっかり心を奪われてしまった。

私、ピアノはクラシックでもジャズでも何でもありです。
私の心にどんどん入ってくるピアノなら何でも好きです。
あっと言う間に時間が経ってしまいました。

パーカッションは勿論の事、ピアノもベースもドラムスも
本当に楽しかった。

ライブ終了後、
ひょんな事からパーカッションの横山達治さんに
ワークショップをやってもらうことになりました。

日にちは確定ではありませんが有力候補日は
5月18日(月)。
場所は鎌倉市浄明寺。
時間は18:00~19:00まで。


人数に限りがありますので
ご希望の方はお早めにご連絡ください。
今回の参加は無理でも、
このワークショップは今後も何度かやっていただけそうです。
それにしても、
私がラテンパーカッションなんて!
長年の夢に一歩踏み出せた気がする。

http://www.kamakura-musica.com
title="Blog問い合わせ">blog@kamakura-musica.com










ミルシュテインは1903年生まれのロシアのバイオリニストです。
彼の心に強く印象付けられたのは8歳でお母さんに連れて行かれた
ハイフェッツのコンサートでした。
しかし最初は練習を嫌っていたようですね
12歳でやっとバイオリンを弾くことに興味を持ち始めたと書いています。
彼は18歳でピアノのV.ホロヴィッツと出会い沢山のコンサートをしま
した。その後イザイに出会いイザイをして「私が教えることは何も無い」
言わせしめたとか86歳で転んで腕を折るまで演奏活動を続けたそうです。
その後89歳でなくなるまで編曲に携わったとか。凄い人ですね~。

この編曲集はショパンのノクターン(遺作)、チャイコフスキーの子守唄、リス
トのコンソレーションの3曲が入っています。

ご注文・お問い合わせは

http://www.kamakura-musica.com
blog@kamakura-musica.com


カマクラムジカの永久定番です。
私がとやかく言うよりも実際にお使いのW先生のお声を聞いてください。
一度つかったらもう手放せない・・・優れたメソードです。

まずは黒鍵での ゆかいな遊びからはいります、
ルンツェもそうですが、それよりも楽譜化され場所の限定があり 、
リズムをつくるために伴奏もついてます。
だから 長さ、音名、わからんチャン(;¬_¬)でもすすめます。
そしてさりげなく メリーさんやらの耳に親しみのある曲が片手用にならんでまして
(弾きたかったらひいていいよ~のノリで)これに(子供たちに)左手の伴奏を
つけさせたりして楽しんでます。

真ん中のドから音読みが上下に広がっていきます。
勉強くささにちと飽きて危機か?っというころにでてくる連弾。
ページの絵も美しく、伴奏の和音も豊かで息をふきかえします。
長調短調 様々な拍子 踊り(タンゴ、サンバ、メヌエットハンガリーダンス ワルツ)…など
まあなんていろいろあるんでしょ!

音楽見本市へ行った様な楽しさと

(二巻は)調の性格にぴったんこの名曲てんこもりで、
子供たちは
「容易くはひけないけれど出来たときに嬉しい!」
と、

この本が大好きです。

いまはとんとん沢山進むけれど音楽的にいつまでも上昇して行かれない教本が
多いですが、
エモンツは目指すところがはっきり見えているとおもいます。

初級というのは動物のお母さんのまねっこをして子供がおぼえたり、
出来るようになる為に ならんで音楽できる教材がいちばんですね。
というか 、わたしは子供が大好きでいつも生徒に遊んでもらってますから。


ご注文・お問い合わせは
blog@kamakura-musica.com まで!!

輸入楽譜専門/カマクラムジカホームページは↓↓↓
http://www.kamakura-musica.com




学校時代の友人はティオムキンのことなど全く知らないだろう。
なんせ純粋のクラシックでなければ音楽ではないなんて
思っている人たちだ。

しかし私は母親から黒人霊歌のレコードを聴かされ
兄は私にグリーングラスや中南米音楽を吹き込んだ。
それらの音楽に浸かりながら育ったわけで、
やれモーツアルトだベートーベンだなどと言い出したのは
友人達よりずっと後のことだ。

さて、このティオムキンさん。
ウクライナ生まれでサンクトペテルブルグ音楽院出身。
めっちゃクラシックの人だったのですね
その後アメリカに渡り、アンビリーバボーな程
多くの映画音楽を作った人です。
先のワックスマンと並び称されていますね。

私の知っているだけでも「真昼の決闘」「OK牧場の決斗」「ジャイアンツ」
「アラモ」「リオブラボー」「友情ある説得」等々。
今をときめくクリント・イーストウッドが初々しい青年役で出ていた
あのTVドラマ「ローハイド」の音楽もティオムキンさんだったのです。

「アラモ」では父親が娘に向かって歌う
♪オォ!リサ~、可愛いリサ~♪と言う歌が大好きです。
あのアラモの最後を思うとこの歌が切なく聞こえます。

リオブラボーでは酒びたりのディーン・マーティンが歌う
「ライフルと愛馬」なんて最高!

と言うわけで、ディミトリー・ティオムキンさんは
私の初期音楽教育係のような人でした。
彼がいなかったらアメリカ映画の歴史も随分と違ったものになったでしょう。
多作で秀作。ティオムキンさんってそんな人だったと思います。

http://www.kamakura-musica.com
Blog問い合わせ">blog@kamakura-musica.com





お名前:
メールアドレス:

門間サナヱが厳選する、マニアックな輸入楽譜の情報を無料でお届けさせていただきます。

hantanyannyan

Author:hantanyannyan
楽譜検索人。猫飼育人。映画鑑賞人。
なのでこのブログは、音楽、特に楽譜と猫と映画の事を記して行きます。これぞ!と思う楽譜はどうしても大声で叫んでお知らせしたくなります。音楽が映像と一体化した時の素晴らしさも是非聞いて欲しいのでこれも書かせていただきます。要するに私の好きなことだけ、書かせていただきます。陽気に明るく楽しく過すのが幸せになるコツです。これは猫に学びました。