fc2ブログ
2022 / 05
≪ 2022 / 04 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2022 / 06 ≫

あくび


今日のテムジン。「あくび」。
これが年相応のテムの顔。
一部性格に非常に奥ゆかしいところがあって、
さっと膝に乗ってこない。
先ず「いいですか?」と聞いてくる。
「どうぞ」と言われて初めて乗って来る。
これは一緒に寝る時も同じで
部屋へ入って来て、まずそっと鳴いてみる「いいですか?」。
「テムもおいで。一緒に寝よう」と言われて初めて
ベッドに乗って来る。
他の子をいじめるときは予告もなしにいじめているのに。

スポンサーサイト



大好きなおもちゃ

びりびりに破れたうさぎちゃん(耳は既に片耳しかない)、姿のほとんどわからないグランドホグちゃん。
ジョリが大好きで見つけては“とったよ!”と私を呼んだものです。
残念なことにジョリが亡くなった時、グランドホグちゃんの行方が分からず
一緒に入れてあげられなかった。

しかしこのグランドホグとウサギは無くなったと思うとひょっこり出てくる。
今回はテラスの下と、草の中から出てきました。
ジョリの後を継いでこれが大好きなのがコタちゃんです。
おもちゃ箱に入れて置いたら早速取り出して大暴れ。
放り上げてはキャッチを繰り返しています。
(ジョリほどではないけれど)“とったよ!”もしてくれます。

子供と同じでどんなに高価なおもちゃでも気に入らなければ遊ばない。
どんなにボロボロになっても気に入ったものはそのかけらでもよいのです。
因みにフェルトのネズミは今では中の綿だけ。しかし
3cmほどの綿を放り投げてはキャッチして遊びます。
おもちゃ箱を見ると、なんと貧しい・・・と誰もが思うでしょうね。
しかし彼らには何よりも楽しくて、大事なおもちゃらしいので
捨てるに忍びないのです。

猫って安上がりでいいな。




どこですれ違っても「別に」という顔をしている(嬉しそうでない)のに
実は蟹丸、超甘えん坊だと分かった。
理由その1.
ワクチンの副作用で熱に悩まされた3日間、蟹丸は朝から晩まで私のそばを離れなかった。
理由その2.
時間の出来た私がゆっくりと椅子に座るとどこにいても当然という顔をして
私の膝に乗って来る。

要するに朝から晩まで蟹丸は私に付きまとっている。
たいていの子は「お母さん大好き」という顔をして付きまとう。
しかし蟹丸は「別にどうということはないのだけれど」という顔をして、
それでもいつでも私の行くところへついて来て、私の上に乗る。
胸の上だろうと、ひざの上だろうと。

わが家へ来た当初、主任に悪さをたっぷり教え込まれ
当然主任と一緒に怒られていた日々。
その名残がだいぶ薄らいできて、今では怒られる機会も滅多になくなった。

蟹丸、これが本当のあなたの姿だったんだね。
甘えん坊で、超おしゃべりで(それもとても上手に自分の気持ちを人間に伝えられる)
その上我が家一の時間に正確な子。
蟹丸といると時計は不要なくらいです。

のびのび テムと







蟹丸は息子が怖い。
いつも息子の位置を確認しながら生活している。
息子が来ない私の部屋ではのうのうと手足を伸ばして昼寝をする。
穏やかな顔でテムに寄り添って寝ている。
のびのび


朝私を起こす時も穏やかな甘え切った顔をしている。
蟹丸のこの優しい顔を見たいと言う息子。
私に甘えて声を掛けるその声を聞いた事がない。
私にキュウリをねだる時の声といったら、天下一品。
こんなに甘えた、ねだり声が聞けるなんて私は幸せ。
不思議な事にキュウリが欲しい時は特別の甘え声がでる。
そんな声で鳴くほどキュウリは美味しいか?
しかしそれを息子は聞けない・・・ウシシ。

階段で両者が出くわすと、蟹丸の顔はこんな風になる。
危険

緊張しまくってます。
それが可愛いと、それが面白いと息子は言う。
これは悔し紛れかも。
本当に甘えた蟹丸を一度だって見たことがないのだから。


◆マニアも納得 輸入楽譜専門カマクラムジカホームページはコチラ◆
http://www.kamakura-musica.com

商品や、ブログの内容についての問い合わせは
info@kamakura-musica.com
まで

輸入楽譜・クラシック楽譜をお探しの際は、
輸入楽譜・クラシック譜の通販専門店「カマクラムジカ」にお任せください!

ピアノ譜/バイオリン譜/オーケストラ譜/オペラ・ヴォーカルスコアまで







本当に変な猫だった。悪い猫だった。意地汚い猫だった。超悪戯だった。
その上超頭脳明晰。その頭脳で飼い主をここまで困らせたのは後にも先にも主任だけ。
そんな子なのに本当に可愛かった。
夜は必ず私の腕の中で眠るし、ちょっとでも座ると直ぐに膝へ来た。
猫なのにギスギスしていてやせっぽちで全くふんわりなんてしていなかったので
ベッドへ行く時に抱いて連れて行っても途中で腕から飛び降りた。
自分から来るのが良かったらしい(独立独歩)
そんな風に人間には頼っていませんよ。私は自立した猫です!
なんて顔をしていたけれど、私が台所に立っていても抱かれたがった。
仕方がないので(今はあるのかな~?)
犬用の抱っこ紐を買ってみた。犬と猫とは体格が全く違うので役に立たなかった。
あの時作ってやったらさぞシュシュは満足して抱かれていたのだろう。
惜しかったな。
(手編みのセーター)
手編みセーター

とにかくなんでも口にしてしまうので、長生きはしないだろうと覚悟はしていた。
それでも16歳まで生きたのだから平均寿命かな。
shushu昼寝


今でも思い出す。
夜、雨の中で私の足音に『助けて~!助けて~!』と大声で叫んだ出会いの日。
これだけの悪さをする猫だもの。追い出されても仕方ないだろうなと、
一緒に暮らしてみて分かった。
シュシュ、あの時あえて良かったね。私だって世の中にこれ程頭が良くて
人間を翻弄する猫がいるって知ったのだから。
一つ経験が増えたと言うものさ。(蟹丸と)
蟹丸と


お名前:
メールアドレス:

門間サナヱが厳選する、マニアックな輸入楽譜の情報を無料でお届けさせていただきます。

hantanyannyan

Author:hantanyannyan
元楽譜検索人。猫飼育人。映画鑑賞人。
このブログは、猫と映画の事を記して行きます。音楽が映像と一体化した時の素晴らしさも是非聞いて欲しいのでこれも書かせていただきます。要するに私の好きなことだけ、書かせていただきます。したいことをして楽しく過すのが幸せになるコツです。これは猫に学びました。